女帝が動き出した本音部分と侮れない要素(美しい人のタロット占い)

1枚目のカード

ワンドの8の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

女帝は、可能な限り素早く片付けてしまいたいこと(ワンドの8の

逆位置)を抱えていると読めます。

過去ですが、現在もそれは、片付いていないので抱えていると

現在形で書いています。

2枚目のカード

ソードの2の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

女帝の現在の状況とも言えるカードになります。

ソードの2は、取捨選択(ソード)の対象が二つあると言う

意味ではありません。

「2」は、物事が停滞して身動きが取れない状態を表す数字です。

ソードの2の過剰(逆位置)ですから、どうしたら良いか分からずに

困っていると読めます。

3枚目のカード

カップの9の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

カップの9のカードは、個人的な満足感を表す素晴らしい

カードですが、それが過剰(逆位置)ですから、自分自身の力だけで

満足感を得ていると読めます。

目的が組織の運営や、問題の解決であれば周囲の努力を

立てるのではなく何でも自分自身の能力といった態度を取るので

人が離れていきます。

4枚目のカード

ソードの7の逆位置

4枚目のカードは、女帝の対策カードになります。

ソードの7は、取りあえずやり切って選択肢がなくなっている

状態を表しています。

ですからどうしたら良いか分からずに不安でいっぱいです。

対策カードとしてアドバイスするならば「表面的なことだけを

取り繕うことは限界ですから誠実に対応すること」です。

5枚目のカード

ワンドのペイジの正位置

5枚目のカードは、2枚目のカード(ソードの2の逆位置)で解説した

身動きが取れない原因になった人の深層心理を表しています。

若しくは、その人のために真相解明に尽力している人たちの

深層心理を表しています。

ワンドのペイジの正位置を教科書的に読んで良いと思います。

張り切って頑張っているということです。

ワンドのペイジですから皆、年齢や境遇に関わらず若々しく

行動しているのでしょう。

6枚目のカード

恋人の正位置

6枚目のカードは、女帝の本音部分を表しています。

教科書的に読めば自分自身で問題となっている対象

(2枚目のソードの2の逆位置)をコミュニケーションを

取りたいと思うようになったということになりますが、

これでは驚くほど、そのまま過ぎるので少し深読みを

書きます。

中心となる2枚目のカードとの関連を読めば

このコミュニケーションは、あくまでもそうせざる

を得なくなって始まったものと読めます。

もう一つは、まとめ的なカードになる7枚目のカードとの

関連を読めば、何かしら組織外のものと結び付いて解決方法を

見つけようとしていると読めます。

2枚目のカードも7枚目のカードも小アルカナのソードです。

ソードは、情報です。

女帝自ら足で稼いで情報を得ようとしています。

出来るタイプだと思います。

このようなやり方で見つけた方法は、机上の空論よりも

はるかに有効な策になります。

皆さん、用心深く頑張りましょう。

戦い慣れています。

7枚目のカード

ソードの3の逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ソード(判断、知性)の3(生産性)が滞っている(逆位置)と読みました。

これは、おまけですが、いつも読んで下さっている方は、逆位置は

「過剰」という意味では?と思われるかも知れませんが、逆位置の

基本的な意味は、「過剰、不測、滞っている」というものがあります。

取りあえず三つを書きましたが、よくよく考えると意味は一つだと

理解出来ると思います。

ただ最初に暗記するならば、この三つで覚えると便利です。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

ほとんど引く必要もないような展開でしたが、サイコの仕事のやり方が

理解出来て興味深いと思いました。

現場を自分自身でチェックするタイプは、手強いです。

sponsored link
error: Content is protected !!