「神田沙也加さんに近づいて来た何か」の正体(タロット占い)

1枚目のカード

コインの1の逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

小アルカナのコインが出て来たということは、物質的な働きが

あったと読むことが出来ます。

言い方を変えればそれ以外の元素(小アルカナ)は、関係ないと

限定しているのがコインのカードです。

そして「1」は、そもそもの始まりです。

始まったことがそのまま続くかどうかが危ういのは、どの

小アルカナのカードも同じですが土の元素(コイン)の性質として

必ず根拠があります。

人が行ったことであれば、そこにはそれに相応しい期間温められた

計画等があるということになります。

そしてコインの1の逆位置ですから、それは過去時点では

まだ様子を見ていたと読むことが出来ます。

2枚目のカード

太陽の位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

2枚目のカードは、1枚目のカードが前提になっています。

太陽の正位置ですから1枚目のカードの温められた計画

(コインの1のカード)が上手くいって満足していると読めます。

太陽のカードデザインの双子の子供は、光と影、陰と陽みたいな

関係性であって、揃うと成果になりますが、簡単に言えば

相反するキャラクターです。

つまり神田沙也加さんと似ても似つかないキャラクターが

神田沙也加さんに近づいて来たと読みました。

神田沙也加さんのタロット占いですが、

このタロット占いの主体は、「神田沙也加さんに近づいて来た何か」

ということでしょう。

3枚目のカード

カップの5の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの未来を表しています。

カップの5のカードの基本的な意味は、愛を表現仕切って

空っぽになった状態を表しています。

普通に言えば、愛を失った(カップの5の正位置)ということになります。

悲しいことですが、神田沙也加さんにはもう未来がありません。

当然、愛を失ったのは、神田沙也加さん以外の誰かです。

中心となる2枚目のカードの結果、3枚目のカードで愛を失うのが

神田沙也加さん以外の人であれば、1枚目のコインの1の逆位置は、

いったいどれくらい過去のことなのだろうということになります。

4枚目のカード

塔の正位置

4枚目のカードは、「神田沙也加さんに近づいて来た何か」の

対策カードになります。

この4枚目の塔は、間違いなく神田沙也加さんのことでしょう。

塔のカードは、雷で破壊されてそれまで守られていたものや

隠されていたものが飛び出して来ます。

「神田沙也加さんに近づいて来た何か」によって今まで

隠されていたものが解き放たれたのです。

5枚目のカード

皇帝の正位置

そうなると5枚目のカードは、3枚目のカードで愛を失った誰かの

深層心理か、このタロット占いのそもそもの始まりである1枚目の

コインの1の逆位置が表す内容の深層心理を表しています。

1枚目のカードの深層心理まで遡れば、それはもう大元の原因や

最も根っこ部分のことになります。

皇帝の正位置ですから簡単に言えば成功です。

愛を失った誰かの深層心理ではあり得ないカードです。

皇帝の正位置は、仕事であれば抜擢されたような状態を表しています。

恋愛であれば、年上の男性との交際を表しています。

親子関係であれば父親を表しています。

個人的な心理であればプライドを表しています。

6枚目カード

カップの7の逆位置

6枚目のカードは、「神田沙也加さんに近づいて来た何か」の

深層心理を表しています。

カップの7の逆位置は、教科書的に読めば、他人の隙を突いたり

欺くことを表しています。

7枚目のカード

ソードの4の逆位置

7枚目のカードは、まとめ的なカードになります。

ソードの4ですから取捨選択の停止です。

これにも様々なサイズがあります。

事象としては不幸ですが、「神田沙也加さんに近づいて来た何か」は、

ソードの4(全てを停止させた)ということになります。

そしてそれは、「神田沙也加さんに近づいて来た何か」よりも

大きな存在に認められることを意味します。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

今回のタロット占いもカード解釈以上のことは、書けません。

関連記事

神田沙也加さんの突然の死と第12ハウスの月とささやかな疑問(タロット占い)

神田沙也加さんの死に不可解な要素はないのか(タロット占い)

神田沙也加さんの死が匂わせと関係あるのか?(タロット占い)

神田沙也加さんの周囲にいたかも知れない神田沙也加さんを見続けていた存在(タロット占い)

sponsored link
error: Content is protected !!