新田真剣佑さんの匂わせ?の危険度(タロット占い)

sponsored link

有吉弘行氏の予言的匂わせに関するタロット占い

の続きタロットです。

リンク記事のタロット占いに踏み切ったのは、新田真剣佑さんの

匂わせ?みたいなことがあったからです。

1枚目のカード

法王の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

法王のカードは、主張する立場ですから、匂わせる側です。

匂わせられる理由については、リンク記事のタロット占いで読みました。

リンク記事の3枚目の解説に

つまり次に亡くなられる方のソード(情報)そのものを開示すれば

大変なことになりますが、あくまでも絶妙なバランスで明らかに

示唆しながらも匂わす表現でとどめているところがソードの2の

正位置なのでしょう。」と書きましたが、言い方を変えれば

匂わせる元となる情報や情報を発信する存在がいるということです。

法王のカードの主張する内容が与えられるものであれば匂わせる

内容(予言的内容)は、尽きないことになります。

言い方を変えれば、このタロット占いの前提となる1枚目のカードが

法王ですから新しい匂わせ(予言)がチャージされたかも知れません。

2枚目のカード

コインの10の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

コインの10の逆位置ですから、普通に読めば今以上に

進む道はないことになります。

しかし本来の停止は、「9」であり、「10」は、新しい

スタート地点でもあります。

10の新しいスタート地点は、多くの人や要素が関わることで

仮に匂わせた人物が止めようとしても止まれない状態になる

ということになります。

しかし大アルカナならともかくも小アルカナの数札は、やはり

10までです。

3枚目のカード

コインの3の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

普通に読めば具体的に取り組み始めるという意味になります。

コインのカードは、具体的な手順が決まっている時に表れます。

sponsored link

4枚目のカード

死に神の逆位置

4枚目のカードは、匂わせた側の対策カードになります。

匂わせた側にとって無駄なものを整理する(死に神カード)

という読み方が出来ます。

ただこのタロット占いの死に神カードは、逆位置ですから、

暫くは、止まったままの状態でいると読むことが出来ます。

匂わせる側からすれば情報を得たけれども直ぐではなさそうだ

という読み方が出来ます。

以前、ある番組で特別ゲストだった三浦春馬さんに有吉弘行

さんが「寿命短そうですね」と挨拶代わりに発言しましたが、

三浦春馬さんが実際に亡くなったのは、インスタに匂わせが

上がるようになってからでした。

匂わせ方や方法によって時間の幅が異なるのでしょう。

5枚目のカード

ソードの5の正位置

5枚目のカードは、新田真剣佑さんの深層心理を表しています。

そもそもですが、匂わせについて知らない可能性もあります。

普通に読めばソードの5の正位置ですから、「気になる」と

読むことが出来ます。

6枚目のカード

ソードのキングの正位置

6枚目のカードは、匂わせた側の本音部分を表しています。

普通に読めば自分自身の情報(ソード)に自信あり(キングの正位置)です。

7枚目のカード

ワンドの8の正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ワンドの8の正位置を古典的に読めば、同じように「お知らせ」

という意味であっても「驚くようなお知らせ」という意味になります。

ここで考えたいのが、驚くようなお知らせであって、それ以上ではない

ということなのか、つまり取りあえずお知らせという意味です。

まとめ

このタロット占いの判断は、読んで下さった方々に委ねます。

命の判断なんてしたくないからです。

ポイント1

2枚目のコインの10の逆位置

これ以上進まないとも読めます。

もちろん10は、新しいスタート地点ですから可能性0では

ありませんが、そうであれば大アルカナに続くことになります。

ポイント2

4枚目の死に神の逆位置

死に神の逆位置を細かく書くと、今は整理しながら準備段階

という意味になります。

もちろん、整理そのものが準備で、本当に狙っているものが

別であれば意味が違って来ますが、そこまで様々な読み方を

加えると答えが出ませんから準備中と読みます。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

いやはやです。

sponsored link
error: Content is protected !!