美しい人が自分自身を責めている頃のタロット占い

美しい人の衝撃の事実(美しい人とのスピリチュアルな対話)

の補足的なタロット占いです。

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」の

仲間にされているとは、知らずに(知らされずに)と

何となくおかしいと感じているだけの美しい人に

ついてのタロット占いです。

まだ匂わされた程度であって背景は知りません。

1枚目のカード

ワンドのナイトの逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

理由は、分かりませんが何かが理由で自信が持てなかった

(ワンドのナイトの逆位置)と読むことが出来ます。

2枚目のカード

ワンドの2の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ワンドの2の逆位置ですから、もっと認められたいと

言うことでしょう。

3枚目のカード

コインの4の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

コインの4のカードは、停止しても大きく変化することは、ありましたが

代わりに具体的な安全、安心の効果があります。

ここからは、イマジネーションですが、美しい人は、具体的な安全や

安心に関して普通の人とは、異なる選択をしたかも知れません。

この普通は、美しい人の周囲の普通であって我々の普通とは

異なるものですから、その内容は、謎です。

4枚目のカード

コインの1の正位置

4枚目のカードは、美しい人の対策カードになります。

コインの1の正位置ですから次から次へと仕事をこなすような

感じになります。

5枚目のカード

星の正位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

自分自身の仕事に対して様々な理想を思い描くようになったと

読むことが出来ます。

しかし、それは星のカードのデザインである女性のように

自分自身を守るためのものがなかったからだと読めます。

正確には、何かがおかしいという感じでしょう。

しかし何となく守られていない感じがあるのは無意識に

感じ取っていて、それを補うような夢(理想)を見ている

ような状態です。

6枚目カード

死に神の正位置

6枚目のカードは、美しい人に対して何となく不安を

与え続けていた側の本音部分を表しています。

鶏と卵みたいな問題が発生しています。

美しい人を不毛な状態に置くから美しい人は、より深く考える

ようになったのです。

比例するかのように、より高い理想を描くように

なったと言うことでしょう。

しかし現実は、そのような精神論で片付く問題ではなく

美しい人に不安を与え続けた側は、加速度的に美しい人から

様々なものが省かれていきます(死に神のカード)。

そもそも美しい人は、信じるべき対象ではなかった

(死に神の正位置)ということでしょう。

7枚目のカード

ワンドの4の正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

この時期により仕事を完全にやろうとする姿勢が強くなったと

読むことが出来ます。

まだ匂わせ程度ですから、一つ一つの仕事をしっかりと取り組めば

評価してもらえて事態が好転していくと考えていたと読みました。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

真に背景を理解するまでは、自分自身の努力が不足しているから

怒られるというような理解の仕方だったと読みました。

sponsored link
error: Content is protected !!