三浦春馬さんと竹内結子さんが消えた世界といる世界(タロット占い)

sponsored link

ジェシー とスタアがスクリーンの中で新たな活躍を

見せてくれることは、もうありません。

何故、そんなことになってしまったのでしょうか。

主演級のお二人が短い期間にクローゼットで○を吊る確立は

どれくらいあるのでしょうか。

昔から自分の頭で考える子供は嫌われたものです。

昔から支配する側の論理と支配される側の論理は

噛み合わないものでしたが、スマホの延長線上にあるような

様々機器が支配される側の論理を消していきます。

そしてマトリックスのような世界を可能にしていきます。

原理原則を考えることが出来なくなれば見えているもの

聞こえてくるものが全て真実になります。

そして、そのことに誰も疑問を持たなくなります。

しかし三浦春馬さんと竹内結子さんが消えたことが突然過ぎて

どこかで生きているのでは?と考える人もいます。

それくらい何らかの大きな飛躍があるからです。

もし何も疑問を感じないならばマトリックス的な世界に

完全に溶け込んでいるのかも知れません。

しかしそれは、マトリックス側のエネルギー源として

生きていることと同じことを意味します。

言い方を変えればもっとその世界に順応すれば三浦春馬さんと

竹内結子さんが生きている世界も見せてくれるでしょう。

しかしよくみると西洋のお城に住んでいる人だったりするかも

知れません。

しかしそのことにも気付かないかも知れません。

1枚目のカード

ワンドの1の逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

三浦春馬さんと竹内結子さんの持っている力が通用しない

(ワンドの1の逆位置)と読むことが出来ます。

2枚目のカード

皇帝の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

三浦春馬さんと竹内結子さんに支配する側の論理が

覆い被さっていきます。

3枚目のカード

ソードのナイトの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

三浦春馬さんと竹内結子さんは、何らかの情報を持っていましたが

支配する側と比較すると、誰かと戦うような経験はしたことが

ありません。

これを人生体験の不足(ソードのナイトの逆位置)と言うのであれば

ほとんどの人がそうでしょう。

sponsored link

4枚目のカード

太陽の逆位置

4枚目のカードは、三浦春馬さんと竹内結子さんの対策カードになります。

太陽のカードには、双子の子供がデザインされています。

このタロット占いで言えば一人の子供は、三浦春馬さんと竹内結子さんです。

もう一人の子供は、素敵な三浦春馬さんと竹内結子さんと似ても似つかない

影のような存在です。

しかし三浦春馬さんと竹内結子さんが未来に向かっていくためには、

2枚目のカードの支配する側の中にこの影の存在と同じものを見出す

必要がありました。

太陽の逆位置ですから三浦春馬さんと竹内結子さんの秘密を

知られてしまったと読むことが出来ます。

誰かが漏らしたのです。

三浦春馬さんと竹内結子さんがミスして漏らしたのであれば、

ある意味仕方がないのですが身近な誰かが漏らしたのです。

だから防ぎようがなかったと読みました。

5枚目のカード

ソードのキングの逆位置

5枚目のカードは、支配する側の本音部分を表しています。

三浦春馬さんと竹内結子さんがどのような主張をしようと

支配する側が絶対的に正しいということでしょう。

6枚目のカード

コインの2の正位置

6枚目のカードは、三浦春馬さんと竹内結子さんの深層心理を

表しています。

具体的な事柄を三浦春馬さんと竹内結子さんがコントロール

しているのであれば、忙しい中にも何となく楽しさを感じるのが

コインの2の正位置ですが支配する側によって三浦春馬さんと

竹内結子さんがコントロール出来ない状況がもたらされた場合は、

コインの2のカードの中身を問わずに繰り返される動きの中で

翻弄されることになります。

そのような状況になると個人が責任を果たすことは不可能です。

形だけで中身が伴わないので裏切りとまではいかなくても

上辺だけの味方ということもあるでしょう。

7枚目のカード

隠者の正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

三浦春馬さんと竹内結子さんは、4枚目のカード解説で書いた

影の部分を受け入れることが出来れば、今も生きていたと

読むことが出来ます。

しかしそれはキラキラした三浦春馬さんと竹内結子さんには、

受け入れることが出来ない影だったということでしょう。

受け入れた世界には、西洋の城が建ち奇妙な歌が流れています。

しかしそのような世界に三浦春馬さんと竹内結子さんはいません。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

支配する側は、三浦春馬さんと竹内結子さんに一定の変化

(4枚目のカードの影となる子供)を受け入れるように

迫ったということでしょう。

三浦春馬さんと竹内結子さん、拒否したということでしょう。

三浦春馬さんと竹内結子さんは、笑った時の目の形が似ています。

sponsored link
error: Content is protected !!