神田沙也加さんの死と三浦春馬さんと竹内結子さんの存在を結ぶ何か(タロット占い)

sponsored link

このタロット占いの問いは、「神田沙也加さんの亡くなる日は、

決められていたのか」でした。

しかし最後まで読んでみると、意外なことに意識はぶつかりました。

それに関するタロット占いは公開しないかも知れませんは

何にぶつかったかは、このタロット占いで扱っています。

1枚目のカード

悪魔の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

誰かが神田沙也加さんをコントロールしようとしていました。

一般的に良くないと言われる行為で誰かが何らかの利益を

得ようとしていたと読むことが出来ます。

ここで言う利益とは、金銭的なものに限りません。

心理的な満足感も含みますし、その両方ということも

あり得るでしょう。

2枚目のカード

節制の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目の悪魔のカードのコントロールが神田沙也加さんに

及びました。

この2枚目のカードが節制の正位置であれば神田沙也加さんの

行為の中で完結するはずだったと読むことが出来ますが、この

タロット占いでは逆位置ですから、1枚目の悪魔のカードの

コントロールに何かしらミスや妨害があったと読むことが出来ます。

神田沙也加さんだけの原因だけが理由で亡くなったという状態を

維持出来なくなりました。

イメージとしては、ある狙い(悪魔のカードの意図したこと)が

神田沙也加さんに注ぎ込まれる時に、きちんと中身を注ぐことが

出来ずに、こぼしたり、汚したりしてしまったと読めます。

もし2枚目のカードが正位置であれば完全に自らということ

なってしまったでしょう。

3枚目のカード

女教皇の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

悪魔のカードの意図の具体化する内容を若干変更することが

必要になりました。

しかしこれは闇雲な変更ではありません。

女教皇の中には、最初から様々な知恵や情報が無限にストック

されていますから、現実的に言えばプランA、プランB、プランC

のようなものと読むことが出来ます。

最初に用意されていなくても女教皇の持つ中身を組み合わせて

具体化する内容を変更したと読むことが出来ます。

4枚目のカード

女帝の逆位置

4枚目のカードは、神田沙也加さんをコントロールしていた側の

対策カードになります。

女帝のカードですから、実現(生産性)するにしても可能な限り

行う者の価値観次第ですがスマートに具体化することが

必要になります。

しかしそのためには、誰かが厄介な仕事をやらなければ

なりません。

女教皇と女帝のカードは、大アルカナの並びですが

占っている内容の具体化を表すカードとしては、人として

根本的なものを含み過ぎていると言えます。

起こった現実とカードの内容のバランスを取るには

誰かが面倒な部分を背負わないといけないということでしょう。

そう言った意味では、恋人は、違った意味で1枚目の悪魔の

カードの影響を受けていたということでしょう。

sponsored link

5枚目のカード

ソードの3の正位置

5枚目のカードは、神田沙也加さんの深層心理を表しています。

ソードの3の正位置ですから生産性を上げるには、何かを

諦めたり排除することが必要でした。

前山剛久さんの罵声が残っているのであれば、誰かが事前に

録音装置を用意していたことになります。

この録音装置を用意した人物であれ恋人との会話をがそのような

扱いになるわけですから神田沙也加さんが生産性を上げるためには

排除すべき要素があったことを意味します。

5枚目のカードは、深層心理を表すカードですから、このような

状況に対して上手く結論が出せていないということであり、

神田沙也加さんが生きていれば、これから解決していく内容です。

何を排除して生産性をあげるべきか考えている最中だったということ

であり、前山剛久さんは、恋人であると同時に職場の同僚でも

ありますから、そのような悩みとしても位置付けられる部分も

あったかも知れません。

6枚目のカード

カップのナイトの逆位置

6枚目のカードは、神田沙也加さんをコントロールしていた側の

本音部分を表しています。

カップのナイトですから穏やかにしていても何らかの狙いがあった

ということでしょう。

しかし逆位置ですから、これ以上関わりたくはないということでしょう。

7枚目のカード

コインの2の正位置

この流れでコインの2にカードは、けっこう嫌な感じがします。

コインの2のカードは、都合上の流れというか、一般的な感じであれば

ルーティンワークの流れの中の一つみたいなところがあります。

前山剛久さんの現状を考えると、このコインの2のカードの二つの

コインは、神田沙也加さんと前山剛久さんであり、娘が亡くなったのに

遺骨を持ってカメラの前に出てきて並んで頭を下げた神田正輝さんと

松田聖子さんにも思えます。

コインの2のカードの本質には、無機質に繰り返される運動みたいな

ところがあります。

「2」は、立場を入れ替えて流れに転がされるところがあります。

どこかでしっかりと止めないと運動を続けます。

今回のタロット占いの1枚目の悪魔のカードの意図には、このような

無機質な運動の要素を感じます。

それの言い方を変えればゲーム感覚です。

どのような動機かは、ともかく繰り返す(コインの2のカード)が

目的となっている部分があるのでは、ないでしょうか。

記事タイトルの「神田沙也加さんの亡くなる日は、決められていたのか」

については、最後まで読むと決められていたように思えます。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

直近の複数のタロット占いと併せると、三浦春馬さんと竹内結子さんも

ペアとして扱われているように感じるのですが。

敢えて手間をかけて有名な存在を使って匂わせるのは実況中継の

つもりかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!