美しい人の母親と真相解明の微妙な関係

一見、内容は、異なりますが、以下のリンク記事と同じ流れで

カードを引いています。

美しい人の17日問題の対話が残した不可解なキーワード

美しい人の18日問題と美しい人を拘束した見えない鎖

1枚目のカード

死に神の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

死に神のカードですから整理整頓、断捨離みたいなことが

テーマになるような過ごし方をされていたと読むことが出来ます。

2枚目のカード

世界の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

先ず世界のカードとして読みます。

1枚目のカード解説で書いた不要な要素を取り除くことが出来れば

何かしら望みだったことが叶うはずでした。

しかし逆位置ですからm何らかの理由で、その望みは叶わなかった

可能性があります。

3枚目のカード

コインの6の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

コインの6のカードの本質は、頑張った成果で評価される平等性に

本質がありますが逆位置ですから、努力通り、若しくは契約通り

約束(口約束の可能性含む)通り、事は運ばないと読むことが出来ます。

もし、2枚目のカードの先の時間である3枚目のカードのタイミングが

もう訪れていれば既に表面に傷が浮かんでいる可能性があります。

4枚目のカード

コインのキングの逆位置

美しい人の母親の対策カードになります。

利益を得ることを妥協出来ない(コインのキングの逆位置)

ですから、本来ならば、それを改めることが対策カードになります。

美しい人の母親の人となりについてホロスコープを作ることは

出来ませんから、この4枚目の対策カードをどのように、

どの程度実行出来るかは、この記事を読んで下さる方々に

委ねたいと思います。

何故なら同じカードを引いても第2ハウスに冥王星がある人と

何の天体や感受点もない人とでは、一様にはいきません。

もちろん、トランジットの影響も受けたり、ライフステージの問題や

これまでの蓄財状況にも依るでしょう。

5枚目のカード

コインの9の正位置

5枚目のカードは、クラックにしたくない側の本音部分を表しています。

良い結果を望むというシンプルな読みで十分でしょう。

つまりこれ以上、美しい人の母親にお金を渡したくないということでしょう。

6枚目のカード

ワンドの2の正位置

6枚目のカードは、美しい人の母親の本音部分を表しています。

このカードには、心底驚きました。

ランダムにカードを引いて6枚目のカードにワンドの2カード、

つまり自分自身が持っている権利等を使う気があるということです。

だとすれば、まだ使われていない状況もあり得ます。

これもこの記事を読んで下さっている方々に判断をお任せします。

7枚目のカード

恋人の逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

このカードは、凄いことです。

このタロット占いの中心となるカードは、世界カードである意味、

現状維持の状態でした。

しかしやはり、トータルな意思は、美しい人の母親は何とかして

自分自身の交渉に相応しい相手を見出そうとしているということです。

そんなことをすると満足はしていないでしょうが今の安定した状況は

必ず壊れます。

しかしこの恋人のカードは逆位置です。

美しい人の母親が協力を仰いでいる相手は、応じていないと読めます。

それどころか美しい人の母親と距離を取ろうとしています。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

率直に書くと美しい人の母親の才覚だけで現在の状況で取引のテーブルを

用意出来るでしょうか?

しかも、その約束はサイ子との口約束の可能性もあります。

協力者が手伝わない(恋人の逆位置)になら、常識的な判断でしょう。

叩かれるだけではなく消される可能性があります。

美しい人の母親も危険なのでは、ないでしょうか?

美しい人の母親は、時限付きのクラック若しくは点火装置のないクラック

なのかも知れません。

このような取引に協力する人は、普通のタイプの人ではないでしょう。

美しい人の弁護に関するタロットは、別に行いましたが、何故か誰も

美しい人の相談には乗らないと出ました。

しかしクラックは、美しい人の母親以外にも、かなりあるはずです。

sponsored link
error: Content is protected !!