三浦春馬さんの恋バナ(スピリチュアルタロット)

sponsored link

1枚目のカード

ワンドの3の逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

意外ですが三浦春馬さんは、適切な恋愛の機会がなかなか

つかめなかったと伝えてきています。

2枚目のカード

ソードの9の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

好きな人(恋人)に期待しても、その通りになることは

少なかったと伝えてきています。

3枚目のカード

悪魔の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

恋人から求められたことは積極的に応えていたと伝えてきています。

4枚目のカード

ワンドのナイトの逆位置

三浦春馬さんの恋愛の対策カードになります。

ワンドのナイトの逆位置ですから三浦春馬さんは、自分自身の

弱味を見せられなかったということでしょう。

だから恋人に気持ちに沿うことと弱味を見せられるのに

そうすることでは相手の受け取り方は、正反対になります。

対策は、正しかったけれども・・・というところでしょう。

5枚目のカード

カップのキングの逆位置

5枚目のカードは、恋人たちに共通する背景を表しています。

自分自身の気持ちを満たすために自分自身で積極的に動かない

ところがあるところがあります。

だからこそ三浦春馬さんは、自分自身の弱みを出さずに

付き合うことが出来たと伝えてきています。

6枚目のカード

恋人の正位置

6枚目のカードは、三浦春馬さんの深層心理を表しています。

押し付けられることに積極的に応える癖が付いていたと

伝えてきています。

愛情の基本的な形の多くは、親子関係で形成されます。

必ずしも三浦春馬さんがそうだとは言いませんが、まったく

可能性がないわけでもないでしょう。

7枚目のカード

カップの5の正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

いつも裏切られたり不本意な終わり方だと思っていたけれども

自分自身が心を閉ざしていたと気が付いたと伝えてきています。

まとめ

具体的なことや細かい点は、まずいので秘密にさせて頂きます。

sponsored link
error: Content is protected !!