美しい人は、本当にキンキーの衣装を捨てたのか?(美しい人のタロット占い)

1枚目のカード

ソードのナイトの逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

ソードのナイトの逆位置ですから他人を信じない人物像であり

独断で物事を決めていきます。

2枚目のカード

皇帝の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

皇帝の逆位置ですから1枚目のカード解説のソードのナイトの

逆位置の人物(像)は、自分自身の範囲を守ろうとしていたと

読みました。

2枚目のカード解説は、曖昧なままです。

7枚目のカード解説で明らかになります。

3枚目のカード

隠者の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

2枚目のカード解説の自分自身の範囲を調べていたと読みました

(隠者のカード)。

若しくは、自由に振る舞った(隠者のカード)。

逆位置ですから人目を避けていたと読めます。

3枚目のカード解説は、曖昧なままです。

7枚目のカード解説で明らかになります。

4枚目のカード

ソードの6の逆位置

4枚目のカードは、他人を信じない人物像の対策カードになります。

ソードの6のカードは、様々な流れを予想し判断を重ねながら

望む状態に辿り着く(成功)内容のカードになります。

これは、対策カードとしてのソードの6の逆位置ですから

上記を達成するための方法を考えることになります。

正位置と異なる点は、成功するためのポイントがなかなか

明らかにならないということです。

逆位置だろうが正位置だろうが望む状態(成功)は同じですが

その段取りについてかなり悩んだということです。

ここまで読んでいて思ったのは、そもそも1枚目のカード解説の

人物の時点で美しい人ではないと感じましたが、対策カードの

内容が明らかに他人の意図です。

何もかも嫌になって捨てるのに段取りは、不要でしょう。

あるとすればゴミの内容と分別が対応しているかどうか

くらいですが、今から死のうと言う人が可燃物ゴミだから

○曜日に捨てられるまで生きておこうとか段取りしないはずです。

そもそもとして極端なことを言えば、「映っていたことにしよう」

という段取りでも良いわけです。

そうすれば美しい人自身がキンキーを諦めたという段取りも

出来ます。

それが何のための段取りなのかは、逆算すれば目的に繋がるかも

知れません。

5枚目のカード

カップの3の正位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

キンキーに関して満足を感じるだけということでしょう。

言い方を変えれば「僕は、捨てたりしない」と読むことが出来ます。

6枚目のカード

カップの10の逆位置

6枚目のカードは、1枚目のカード解説の他人を信じない人物の

本音部分を表しています。

読み方が難しいと言うよりもイマジネーションに左右される内容に

なりますが、このタロット占いでは逆位置ですが満足していると

読みました。

満足(カップの10)の過剰(逆位置)と読んでも良いのですが、

美しい人の死に対して狙った印象を与えることに成功した

数少ない内容の一つとして考えると満足で良いと思います。

7枚目のカード

戦車の逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

このタロット占いの2枚目や3枚目のカードが、6枚目まで来ても

曖昧な部分が多いまま読み進めてきましたが、7枚目の戦車の

逆位置を積極的に読む(手段を選ばない)と全てが繋がります。

ポイントは、2枚目のカード解説の「自分自身の範囲」と

3枚目のカード解説の「自由に振る舞う」です。

戦車のカードですからこれら2枚のカードの状況を利用して

目的を達成しようとしたということでしょう。

今までのタロット占いの積み重ねで美しい人を消した側の

「自分自身の範囲」は、はるかに常識を超えています。

そして以前も書きましたがカメラ社会で絶対に捕まらない方法の

応用です。

そもそも美しい人は、映っていないということでしょう。

4枚目の対策カードであるワンドの6の逆位置の必要な段取りです。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

美しい人は、キンキーの衣装を捨てていません。

sponsored link
error: Content is protected !!