神田沙也加さんに死に前山剛久さんとライン相手の相性は、関係あったのか

前山剛久さんと小島みゆさんの相性について書いています。

神田沙也加さんの死には、多くの謎がありますが

問題になった前山剛久さんのライン相手である小島みゆさんとは

2021年の9月に別れたとあります。

それなのにラインのやり取りは、あったという点が興味深く

簡単に相性を見てみました。

本当に関係が切れていたわりには、かなりしっかりとした

やり取りですし、そのスクショが出回るのも様々な理由が

ありそうです。

お二人共生まれ時間は分からないので生まれ時間は、

12時計算ですから本当にざっくりした見方になります。

前山剛久さんとライン相手である小島みゆさんの太陽は、

牡牛座と水瓶座で相性は、良くありません。

前山剛久さんが水瓶座で小島みゆさんが牡牛座です。

オーブは、少し広くなりますがスクエアの相性です。

スクエアに関していくつか記事を書いてきましたが、

このアスペクトを活かす場合には、普通に繋がると対立的な

相性になりますから、しっかりと関係性が出来るには、

そのままであれば水瓶座や牡牛座が普通であれば嫌う要素を

繋げる何かが必要になります。

水瓶座は、物質的なものを嫌います。

言い方を変えれば精神的に拘束する状態を嫌います。

牡牛座は、物質的な豊かさに価値を見出します。

普通であれば先ず合いません。

もし水瓶座の人が牡牛座的価値を愛するのであれば、精神が拘束

されないように物質的価値を手放す頻度が早くなります。

このような拘束と解放のリズムが、お二人の仲でどう繋がっていたのか

というタロット占いをしましたが、これに関しては、割愛します。

前山剛久さんは、生まれ時間問わず、月が蠍座なので太陽が水瓶座で

あっても、元々解放と執着(蠍座)のリズムを持っています。

そう言った意味では、交際相手に常にそのようなリズムが反映し易い

傾向があるタイプの人です。

神田沙也加さんの死に二人の相性が直接関係があったのか、どうかの

タロット占いは、アップしませんが、交際相手が個人天体にスクエアを

持っている場合には、相反する性質を持っている可能性を考慮して

おくことはありだと思います。

スクエアの亀裂に自分自身が落ちたら損です。

それは持っている本人自身が向き合うべきものです。

sponsored link
error: Content is protected !!