竹内涼真さんが三浦春馬さんの後継者という記事のタロット占い

竹内涼真さんの歌声が三浦春馬さんを彷彿させるそうです。

三浦春馬さんの歌に関してまで何かが及ぶのでしょうか?

気になったのでカードを引いてみました。

1枚目のカード

カップの9の逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

カップの9の逆位置ですから、特定の誰かに対する派手な動きを

したという動機を読むことが出来ます。

特定の誰かという点がポイントかも知れません。

2枚目のカード

法王の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

法王の逆位置ですから特定の人たちに対する強い主張が

ある種の馴れ合いの中で行われている可能性があります。

3枚目のカード

カップの5の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

カップの5の正位置ですから誰かの気持ちを表現するためと

読むことが出来ます。

「竹内涼真さんの歌声が三浦春馬さんを彷彿させる」という

主張から生まれる表現は、どのような立場の人の気持ちを

代弁するのでしょうか?

これも気になるところですが、今後の動きから理解出来るかも

知れません。

4枚目のカード

皇帝の逆位置

4枚目のカードは、対策カードになります。

誰の対策カードか?

1枚目から3枚目のカード解説で読み取れる主体の対策カードになります。

皇帝のカードが逆位置の場合は、新しい試みを行うことが対策内容に

なりますが、この4枚目のカードが対策内容ではなく、カードそのままの

意味であれば納得出来る読み方になるかも知れません。

今までの成功パターンを繰り返そうとしています。

もしかしたらアイデアを提供している人は、同じ可能性があります。

5枚目のカード

女教皇の逆位置

5枚目のカードは、深層心理を表しています。

今回のタロット占いの主体である1枚目から3枚目のカード解説の

主体と対立する価値観に近い立場の人たちの深層心理ということでしょう。

今回のタロット占い主体の主張とは、関わりたくない(女教皇の逆位置)

ということでしょう。

6枚目のカード

ソードのキングの逆位置

6枚目のカードは、今回のタロット占いの主体の本音部分を表しています。

自分自身の主張を必ず通していきたい(ソードのキングの逆位置)と

読むことが出来ます。

7枚目のカード

ワンドのペイジの正位置

7枚目カードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

誰かが意欲的に活動しているということでしょう。

同じ行動パターン(4枚目の対策カードである皇帝の逆位置)ですから

この誰かは、案外、いつもの存在かも知れません。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

非常に狭い世界です。

今や一つ一つが他を無視して動くことは、小競り合い程度なら

ともかく大きなことは、かなりの勢力が協調しますし、更にその割合を

増やしつつあります。

sponsored link
error: Content is protected !!