美しい人が消えた理由を調べないのは、人事なのか?

かなりややこしい問いを立てていますが、興味深いカードの並びに

なっています。

かなり特殊なタロット占いが続いて、どんなカードが並ぶのか

引いている方もドキドキものですが、しっかりと出て来るのが

本当に不思議です。

1枚目のカード

世界の逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

世界のカードの逆位置ですから、何かしら問題があっても

放置されている可能性があります。

しかし、そうは、言っても世界のカードですから、今回のタロット占いの

主体は、それに対して不満があるとは、限りません。

積極的に満足しているのか、消極的な満足なのかは、後々のカード次第

ですが、取りあえず、これが過去や動機を表す1枚目のカードの

状態になります。

2枚目のカード

カップの10の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

カップの10のカードの基本的な意味は、最終的な満足感です。

それの過剰(逆位置)ですから、満足感を通り越して飽きている

状態に近い感覚が想像出来ますが、過剰な満足感が与えられる、

与えられた可能性もあります。

3枚目のカード

ソードのキングの正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

ソードのキングのカードの基本的な意味の一つに絶対的な

判断力があります。

このタロット占いでは、その判断力を行使出来る何らかの力が

働いていると読むことが出来ます。

4枚目のカード

コインのキングの逆位置

4枚目は、このタロット占いの主体となる存在の対策カードになります。

コインのキングのカードは、実務的なキングですから現実が動きます。

ですから簡単に方針の転換は、出来ません。

逆位置であれば尚更でしょう。

本来であれば、だから柔軟に振る舞いましょうと言いたいところですが

問題があっても放置して(1枚目のカード解説)

何らかの形で過剰な満足感が得られる(2枚目のカード解説)

何らかの絶対的な判断が可能になる力がある(3枚目のカード解説)

のですから、余程のことがない限り何もしなくて良いのでは

ないでしょうか。

5枚目のカード

ワンドのペイジの逆位置

5枚目のカードは、今回のタロット占いの主体に何かを依頼した側の

本音部分を表しています。

このタロット占いの1枚目から3枚目のカードの流れからの

ワンドのペイジの逆位置ですから、仕事に私情を持ち込んでいる

と読みました。

6枚目のカード

コインの9の正位置

6枚目のカードは、このタロット占いの主体の本音部分を表しています。

コインの9のカードの基本的な意味は、物質的な豊かさに対する

向上心の結果です。

今回のコインの9のカードは、正位置ですから、利益として反映された

ということでしょう。

それは、道徳的にはともかく本音部分としては、満足ということでしょう。

7枚目のカード

魔術師の正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

最初に、全体を見た時に1枚目が世界の逆位置でラストが魔術師の正位置

ですから、何かしら問題があるのに、それを放置したまま次のことを

始めたことが分かりましたから、まずいと思いました。

しかも途中でキングが2枚もあります。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

例えば、製造とかの仕事で問題点を放置したまま出荷するとリコールの

対象になりますから、そんなことは、絶対に出来ません。

ですから少なくとも、そのようなことに携わってはいない

ということでしょう。

一般論ですが何が真実なのか分からない世界では、物づくりほど

確かなものは、ありません。

ちゃんと作られないと動作しませんから。

どんなに強い力で真実を捻じ曲げても、物作りには、それは通用しません。

本来、真実そのものは、何人も曲げることは、不可能です。

真実は、仮に見出されなくても真実のままで、どこかで眠り続けます。

印象をコントロールすることしか出来ない力が働くだけです。

それが出来る存在ということでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!