神田沙也加さんのお別れ会の発表が春馬さんと似ている件のタロット占い

神田沙也加さんの事務所がお別れ会に関する方針を発表しました。

「多くのファンの皆様からお声を頂戴しております『お別れの会』に

つきまして検討いたしました結果、静かに故人を偲びたいという

ご両親の意思を最大限尊重し、また、新型コロナウイルスの

感染状況等も考慮の上、開催は見送らせていただきます」

「深い悲しみの中、共に歩んできた日々を振り返り、神田を

どこまで理解できていたのかと自問自答を繰り返し、

喪に服して参りました。

改めまして、神田を守ることができなかったことを、皆様に

心よりお詫び申し上げます」。

以上です。

神田正輝さんと松田聖子さんの意思を尊重したそうです。

神田沙也加さんへの追悼メッセージを投稿できる専用ページを開設

されるそうです。営んだことも報告。

1枚目のカード

コインのペイジの正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

コインのペイジの正位置ですから慎重に物事を進めていると

読むことが出来ます。

神田沙也加さんのお別れ会ですし、尚且つ現在のオミクロン株の

影響もあって慎重になるのも当然かも知れません。

2枚目のカード

ワンドの3の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ワンドの3のカードですから発展性を持った意思が働いていると

読むことが出来ます。

ワンドの3のカードには、広い視野で取り組むという意味も

ありますが、お別れ会のカードとしては、不似合いな感じがします。

3枚目のカード

星の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

断るのも変ですが、この3枚目のカードは、現在よりも未来の

ことに関するものです。

未来と言っても極端なものではありません。

星のカードですから、これまでの伝統的な影響から離れて

新しいビジョンに従うことを意味します。

もっと言えば、そのようなことが出来るのは、それまでの

価値観が何らかの理由で崩れたからです。

どのような価値観が崩れたのかが重要です。

それが理解出来れば、どのようなビジョンが展開されようと

しているか理解出来るかも知れません。

4枚目のカード

コインの4の逆位置

4枚目は、3枚目のカード解説で書いた新しいビジョンを

得るであろう存在(何らかの既存の価値観を壊した存在)の

対策カードになります。

コインの4の逆位置を、このタロット占いでは、利益の独占と

読みました。

既存のものを壊して得るビジョンですから、それまでの利益を

守るだけではないと読んだのです。

5枚目のカード

カップのクイーンの逆位置

5枚目のカードは、3枚目のカード解説で書いた崩されるで

あろう何らかの既存の価値観側の深層心理を表しています。

三浦春馬さんや神田沙也加さんは、こちら側の人間だったと

読んでいます。

危機的な状況だと感じていると読むことが出来ます。

孤独というよりも勢力の弱体化による孤立と読んだ方が

イマジネーション部分に近いかも知れません。

6枚目のカード

ソードのクイーンの逆位置

6枚目のカードは、新しいビジョンを得るであろう存在

(何らかの既存の価値観を壊した存在)の本音部分を表しています。

ソードのクイーンの正位置が正義ですから、単純に読めば

逆位置ですから、その反対でしょう。

三浦春馬さんの事件の背後にある何かと同じ種類だという

イマジネーションを得ています。

7枚目のカード

力の逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

既存の価値観をコントロールする(ひっくり返す)と読むことが出来ます。

3枚目のカード解説でビジョンと書きましたが、このビジョンは、

過去から来たものかも知れません。

必ずしも未来から来たとは限りません。

これから実現するという意味でビジョンかも知れませんが、

そのイマジネーションは、過去にある可能性があります。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

これは、芸能界の再編かも知れませんし、三浦春馬さんのタロット占いを

含めて読むと、そこを起点にした日本の中枢の変化が加速度的に

進むのかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!