約束の時間から理解出来る美しい人を消した側の常套手段と意図

美しい人を消した側の世界は、利害関係者のみが人間であり

それ以外は、敵や消耗品みたいな感覚かも知れません。

スピリチュアルタロットですからタロット占いの問いそのもの

よりも、その問いを通して得られるメッセージを得ることに

重点を置いたタロット占いになっています。

1枚目のカード

ワンドの7の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

美しい人を消した側は、自分たちに有利な状況を作ろう(ワンドの7

の正位置)と試みたと読むことが出来ます。

ワンドは、火の元素ですから、ある種の勢いがあります。

小アルカナで「7」が表現されるのですから、敢えて火の元素が

強調され(水、風、土の元素は排除する)ていることになります。

同じように勝負を受けるにしても、もっとも意気込みがあります。

欠点としては、火の元素特有の不安定な感じです。

勢いで決めてしまったことかも知れません。

2枚目のカード

太陽の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

太陽のカードですから表に出せることと隠していることを

まとめるようなことに取り組んだと読むことが出来ます。

カードデザインの顕在意識側の子供と潜在意識の子供が

仲良く統合されれば、一つの意思として統合され、次の大アルカナ

である審判の過程をクリア出来ます。

結論を書けば無意識側の存在は、美しい人でしょう(結論1です。

結論2が、美しい人を消した側の本音です。7枚目のカードで

解説しています)。

権○やメ○ィ○をコントロールしても美しい人を好きな人たちの

心が美しい人の潜在意識を担うことまで配慮出来なかった点が

逆位置ということでしょう。

それでも太陽のカードですから、統合に向かって努力することに

なりますが、そのために「約束の時間」が必要になったと

読むことが出来ます。

最近、マネージャーは、迎えに行っていないというタロット占いを

しましたから、では、何故、「約束の時間」なのか?

3枚目のカード

ワンドの3の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

物事を進展させていくことが難しい(ワンドの3の逆位置)

と読むことが出来ます。

4枚目のカード

カップの7の逆位置

4枚目は、美しい人を消した側の対策カードになります。

カップの7のカードは、芸術や創作ではポジティブですが

実務に関することになると正位置であっても非現実的と言うか

空想と言うか、ちょっと局面がずれると嘘や偽りの様相を

帯びる感じがあります。

逆位置ですから、そのような対策カードになります。

5枚目のカード

コインのクイーンの正位置

5枚目のカードは、美しい人側の深層心理を表しています。

本当は、美しい人を消した側の利害関係者の本音部分を表しています。

何故、消した側の利害関係者になってしまうのかは、7枚目のカードで

解説しています。

安心して見ていられる、安心して自分自身のことに取り組めると

読むことが出来ます。

6枚目のカード

コインのキングの正位置

6枚目のカードは、美しい人を消した側の本音部分を表しています。

それでも自分たちのやり方を通せると信じている(コインのキングの

正位置)ということでしょう。

7枚目のカード

戦車の逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

7枚目が戦車のカードであることで「約束の時間」の意味が分かる

ような気がします。

どんな状況であってもねじ伏せることが出来る(コインのキングの正位置)

だけの背景を持っているのでしょう。

ですから「約束の時間」が必要なのは、このタロット占いの中心となる

2枚目の太陽のカードの二人の子供をまとめるためです。

ですから無意識側の子供は、美しい人を好きな人たちだけではなく

株主を初めとする利害関係者を守る配慮(美しい人を消した側の配慮)

だと読むことが出来ます。

辻褄を合わせていかなければ、利害関係者とのコミュニケーションが

破綻してしまいます。

言い方を変えれば破綻しなければ何でも良いとも言えます。

突っ込まれても元々何の問題もないからです。

では、7枚目の戦車のカードの積極的な役割は、何なのか?

これこそが2枚目の太陽の無意識側の子供(美しい人を担った

美しい人を好きな人たち)を遠ざけるために戦う意思です。

ですから、2枚目のカード解説では、太陽のカードの統合が

約束の時間を使って利害関係者とコミュニケーションを図るという

解説を入れませんでした。

しかしあくまでも2枚目のカードがこのタロット占いの中心

ですから、この戦車は、利害関係者を守るために戦っています。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

「約束の時間」の有無は、読む前から「無」で良いのですが、

問題は、その真意であり、それがクラックになるのか

ならないのかです。

曖昧なものは、最初から、4枚目の対策カードである

カップの7の逆位置(嘘や偽り)ということでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!