神木隆之介さんの独立のタロット占い

神木隆之介さんをシンプルに占ってみたのですが、言語化してみると

独立に関する内容に思えました。

1枚目のカード

ワンドの7の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

ワンド7の正位置ですから、他の俳優より何かしらアドバンテージを

持っていた可能性があります。

2021年に神木隆之介アミューズから独立しCo-LaVoを設立

されていますが、アミューズで俳優部門の取締役であった

千葉伸大さんが代表取締役ですし、アミューズが資本の一部を

出資しています。

アミューズの大里洋吉会長が相談役ですから暖簾分けみたいな

感じな独立ということでしょうか。

2枚目のカード

戦車の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

戦車のカードが正位置であれば神木隆之介さんが何かを

受けて立つと言うことになりますが、逆位置ですから

神木隆之介さんの意思だけではないかも知れません。

逆位置には、過剰や停滞といったニュアンスがありますが、

事務所を独立した上できちんと仕事が回るという状態は、

戦車の逆位置の暴走ではなく、停滞寄りの動き方かも知れません。

3枚目のカード

ワンドの8の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

ワンドの8のカードは、意思が圧縮している状態を表しています。

限られた枚数で占うわけですから、ワンドの8の正位置で

止まっていますが、この時間の流れには、もっと先があります。

もちろん、このタロット占いの時間軸の先のイマジネーションを

任意に受け取れるわけではありませんから、この続きを今直ぐ

見ることは、出来ませんが、ワンドの8の圧の高まった状態が

破裂して何か驚くようなことを「お知らせ」するようなことに

ならないで、この状態(神木隆之介さんの独立事務所)を

キープするには、ワンド(意志の働き、戦いを通して無から有を

生み出す火の元素)が、圧縮され過ぎて爆発して多くの人が

驚くような知らせにならないために、一定レベルに圧力が

上がらないようにされる必要があります。

4枚目のカード

死に神の逆位置

4枚目は、神木隆之介さんの対策カードになります。

何か余計なものを省いたと読める死に神のカードですが

逆位置ですから、過剰や停滞といったニュアンスが加わります。

この死に神カードは、とても重要であって、逆位置が上手く

用いられているのであれば、本来の意味にどのような形容詞や

副詞が重なっても次のチャンスに結び付いていくものになります。

今のところ、神木隆之介さんは、順調に見えますから、現状では

死に神のカードに対する逆位置の作用が肯定的に働いていると

判断すれば、この死に神のカードは、無駄なものを上手く

裁いてくれたと読むことが出来ます。

しかしどちらにしても逆位置ですから、神木隆之介さん以外の

力が加わっている可能性があります。

今回のタロット占いでは、この死に神のカードの持つ過剰や

停滞といったニュアンスを適切に調整した存在が5枚目の

本音部分を表します。

5枚目のカード

ソードの10の正位置

5枚目のカードは、本音部分を表しますが、その対象に関しては、

4枚目の対策カード解説で書いたように神木隆之介さん以外の

力が加わっている何かであり、4枚目の死に神のカードの持つ

過剰や停滞といったニュアンスを適切に調整した存在になるでしょう。

ソードの10ですから、思想、情報の取捨選択の集大成みたいな内容

ですから、完全に何かに特化された価値観です。

この価値観が4枚目の対策カードの内容として読めるのですが

イマジネーションと併せると、それまで異なるものが神木隆之介さんの

事務所の役割を担っていたのに暴走した結果(このタロット占いの中心

となる戦車のカードと対策カードの死に神のカードは、共に逆位置)

機能しなくなってしまったから神木隆之介さんの事務所が、代わりに

担うことになったと読みました。

戦車のカードには、勝敗があります。

逆位置なのに神木隆之介さんは、生き残って事務所を作ったという

ことは、4枚目の対策カード解説で書いた「神木隆之介さん以外の

力が加わっている可能性があります。

それは、死に神のカードの持つ過剰や停滞といったニュアンスを

適切に調整し存在」です。

この存在こそが、5枚目のソードの10の正位置が表すような

究極の目的を実現するために神木隆之介さんを貫いた(ソード)と

読むことが出来ます。

ソードの10が貫くというのは、取捨選択の極まった思想や情報が

存在を貫くことで、その思想や情報と運命共同体になるという

イメージで捉えました。

具体的なイマジネーションは、割愛しますが、それまで異なるところで

行われていたことを神木隆之介さんがその機能を引き継いだと

読みました。

5枚目のカードは、謎の対象の本音部分ですから、神木隆之介さんに

託すと言うよりも、その思想や情報と運命共同体になることを

期待したと読みました。

6枚目のカード

皇帝の逆位置

6枚目のカードは、対策カードを実施した結果、神木隆之介さんにとって

余計なものはなくなり何か(恐らく5枚目の運命を共にする思想や情報)を

広めていくと読めます。

しかし逆位置ですから神木隆之介さんは、自分自身の立ち位置に対して

不安を感じていると読むことが出来ます。

このギャップに関しての読み方は、出来ますが割愛します。

7枚目のカード

ソードの9の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

神木隆之介さんは、かなりの決意を持って動いているということでしょう。

そのような決意の背景についてということでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!