甘味さんは、美しい人の上書きか?タロット占い

甘味さんと怪獣さんを紐で結ぶ悪魔のカードの悪魔は、中国を

目指しているようですが、「闇の中で呼吸するように

上下運動している何か」に繋がる何かを確保するためなのか

単なる上書きなのか、せっかくあるビジネスルートの再利用

なのか、漠然としたタロット占いです。

1枚目のカード

ソードの8の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

1枚目のカードがソードの8の正位置ですから、やはりこのビジネスの

方向性は、これまでに作られて来た方向性と読むことが出来ます。

2枚目のカード

ワンドの6の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ポジティブな姿勢で活動することで

甘味さんと怪獣さんを紐で結ぶ悪魔のカードの悪魔は、

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」が

望むものを手に入れようとしています。

言い方を変えれば、美しい人にも同じことをさせていた

ということでしょうし、今は美しい人の代わりに、ケース

バイケースで甘味さんと怪獣さんを使うということでしょう。

ただ今回のタロット占いでは、逆位置ですからかなり慎重に

動いていると読むことが出来ます。

3枚目のカード

カップの6の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

先の時間に関しても「6」のカードです。

これまでの読みが正しければ、大なり小なり「闇の中で呼吸

するように上下運動している何か」の価値観を好む様な気持ちを

持った存在と繋がって(協力)していくことが期待されている

ということでしょう。

ビジネスなので「協力」という言葉を使いましたが、カップなので

あくまでも気持ちの繋がりで特別際立ったことではありません。

言語化の一つとして人脈を作る狙いやそのパイプをしっかりと

させたりすること考えられます。

甘味さんと怪獣さんベースであれば、顔を覚えてもらう

みたいな意味になるかも知れません。

1、甘味さんと怪獣さん

2、甘味さんと怪獣さんを紐で結ぶ悪魔のカードの悪魔

3、「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」

大雑把に言っても、常にこの三つの意識の階層が反映されながら

動いていきます。

上述しましたが、甘味さんと怪獣さんは、状況次第で

それぞれに適した場面での起用ということでしょうが

美しい人は、量、質共に一人でこなしていたことです。

4枚目のカード

コインの1の正位置

4枚目は、対策カードになります。

この4枚目の対策カードは、1枚目から3枚目のカードの内容を

実際に行い始めるということでしょう。

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」視点で言えば

美しい人の死で動き難くなった状況からの再開ということでしょう。

と言っても、甘味さんと怪獣さんを紐で結ぶ悪魔のカードの悪魔経由で

行われることは、重要なルートの一つですがそれにとっては、一部です。

5枚目のカード

太陽の逆位置

5枚目は、「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」の

本音部分を表しています。

太陽の逆位置ですから、カードデザインの隠れている子供側の

声が聞こえて来るのかも知れません。

もっと広く力を及ぼしていきたいと言うことでしょう。

6枚目のカード

ソードの4の逆位置

6枚目は、甘味さんと怪獣さんの本音部分を表しています。

今回のタロット占いは、甘味さんがメインですがソードの4の

逆位置ですから、あまり気が進まないということでしょう。

7枚目のカード

法王の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

1枚目のカード解説に書いた、それまでにあった何かと協力することで

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」の影響力が

強くなっていくということになります。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

中国は、単なる美しい人の上書きではなく「闇の中で呼吸するように

上下運動している何か」にとって必要な何かがあると読みました。

○○活動は、お金の流れを隠すための良いツールなのでしょう。

これは、全てに共通しています。

言い方を変えれば、スポットライトを浴びて表に立ちたいのなら

裏側は、詮索せずにしっかりとした隠れみのになれ、ということでしょうか。

sponsored link
error: Content is protected !!