三浦春馬さんの「少しだけ熱を帯びた言い合いをした」のタロット占い

sponsored link

三浦春馬さんの2018年6月のツイートである

「少しだけ熱を帯びた言い合いをした」

についてカードを引いてみました。

1枚目のカード

ソードのペイジの逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

三浦春馬さんは、過剰に警戒しなければならない状況にあったと

読むことも出来ますし、三浦春馬さん自身が何らかの情報を

調べていたと読むことが出来ます。

調べるにしても、ソードのペイジのカードは、三浦春馬さん自身が

先々で困らないように先手を打つような感じで調べていたという

ニュアンスになります。

言い方を変えれば三浦春馬さんは、自分自身が重要なことを

知らないことに気付いたということでしょう。

逆位置ですから、その調査自体が難航したのかも知れませんし、

焦って取り組んだ可能性もあります。

2枚目のカード

ワンドの6の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ワンドの6のカードですから、1枚目のカード解説で読んだ

三浦春馬さんの何らかの調査行為が何かを引き寄せたと

読むことが出来ます。

ワンドの6のカードは、自分自身の取り組んだ内容に関する

レスポンスですから間接的な影響ではなく、三浦春馬さんの

行った何らかの事に対して直接的に反応があった(6)と

読むことが出来ます。

逆位置ですから、何らかのギクシャクした反応でしょう。

3枚目のカード

ワンドの2の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

2枚目のカード解説の結果、三浦春馬さんは、誰か(複数も含みます)と

「少しだけ熱を帯びた言い合いをした」(ワンドの2のカード)と

読むことが出来ます。

4枚目のカード

コインのキングの正位置

4枚目は、三浦春馬さんの対策カードになります。

三浦春馬さんは、自分自身の経験(コインのキングの正位置)を盾に

誰か(複数を含む)を説得しようとしたのかも知れません。

5枚目のカード

コインの8の逆位置

5枚目のカードは、三浦春馬さんが調査した相手の本音部分を

表しています。

「8」には、自己防衛的な側面もあります。

コインのカードですから、実際的な内容ですから保身とも

読めますし、少なくともかなり慎重に臨みたいということ

だったのでしょう。

6枚目のカード

コインの10の正位置

6枚目は、三浦春馬さんの深層心理を表しています。

三浦春馬さんとしては、調査した相手の本音部分・考え

(5枚目のコインの8の逆位置)を公表して(コインの10の

正位置)成果を出したかったということでしょう。

7枚目のカード

女帝の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

三浦春馬さんが望んだ結果を出すこと(女帝のカードの生産性)を

何らかの理由で回避したと読むことが出来ます。

イマジネーション部分をい言えば、誰かが傷付いても泣き落としに

あっても、このタイミングで必要と感じたことを公表した方が

三浦春馬さんに関心が集まることで自分自身の身を守ることに

繋がったかも知れません。

この女帝の逆位置は、三浦春馬さんも三浦春馬さんが調査した相手も

何かしら結論を出すことを避けてしまったと読みました。

sponsored link
error: Content is protected !!