三浦翔平さんは、カネ恋の三浦春馬さんを助けたのか(タロット占い)

三浦翔平さんは、三浦春馬さんのカネ恋での痩せた状態を見て

誰かに相談してくれたのか、カードを引いてみました。

1枚目のカード

ワンドの5の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

ワンドの5の逆位置ですから、三浦春馬さんと三浦翔平さんは、

何らかの意見や考え方の相違(ワンドの5のカード)があったかも

知れません。

逆位置ですから、これをそのまま不和と読むべきなのか、

不和だから距離を取っていたと読むべきなのか、簡単に読んでも

二択は、あると思います。

2枚目のカード

死に神の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のワンドの5のカードは、強い自己主張ですが、逆位置ですから

それを直接的に表現したかどうかは、ともかく、1枚目の意思や

三浦翔平さんが抱えていた事情を元に無駄な要素は、排除したと

読むことが出来ます。

言い方を変えれば、三浦翔平さんには、三浦翔平さんの生き方が

あり、三浦春馬さんには、三浦春馬さんの生き方があったと

いうことでしょう。

3枚目のカード

ワンドの10の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

三浦翔平さんは、2枚目のカードで無駄だと思えるものを

省いたことで今まで今まで出来なかったことが可能になると

同時に大きな負担を背負ったと読むことが出来ます。

この負担は、積極的なものばかりではなく、占星術的に

言えば第10ハウス的な個人的な感情の抑圧も含まれます。

4枚目のカード

ワンドの6の正位置

4枚目は、対策カードになります。

4枚目のカードは、三浦翔平さんの対策カードになります。

対策カードとしてのワンドの6の正位置は、仲間と協力して

上手くいっていることを周囲に示すことが大切です。

このタロット占いの中心となる2枚目の死に神のカードで

除外した要素が正しかったことを証明することが大切です。

最近、開設したユーチューブチャンネルを初め、仲間と

上手くやっていることは積極的にアピールされているように

思えます。

5枚目のカード

ソードのナイトの逆位置

5枚目のカードは、春馬さんの深層心理を表しています。

これまでにない考え方をすることで(ソードのナイトの逆位置)

新しい世界を作り出すことが出来ると読みました。

言い方を変えれば、このままではいけないということでしょう。

ソード(知性)のナイト(運用)の過剰、独創性、新機軸から

読んでいく深層心理です。

6枚目のカード

ワンドの8の正位置

6枚目のカードは、翔平さんの本音部分を表しています。

カネ恋時点の本音部分になります。

ドラマの収録を速やかに終えたい(ワンドの8の正位置)と読みました。

7枚目のカード

コインのクイーンの正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

春馬さんもと翔平さんあ、カネ恋後の計画(コインのクイーンの正位置)が

それぞれに異なっていたということでしょう。

道が異なるのですから、翔平さんは、春馬さんの様子を距離を置いて

静観していただけと読みました。

sponsored link
error: Content is protected !!