小栗旬さんは、三浦春馬さんをどのように感じていたのか(タロット占い)

小栗旬さんを中心にカードを読んでいます。

1枚目のカード

節制の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

節制のカードですから小栗旬さんの中でやりたかったことが

少しずつ出来てきたと読むことが出来ます。

しかし逆位置ですから、自分自身の価値観を通す中で価値観が

合わない人たちとの交流がもちかけられて来たかも知れません。

節制のカードですから逆位置でもそんなに大きなトラブルではない

という言い方も出来ますが、移し替える先の自分自身の器の中に

それまでの自分自身の価値観と合わないものが混入するという

意味では、深刻かも知れません。

2枚目のカード

コインの1の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

「1」ですから何かがスタートしたような感じですが、逆位置

ですから何らかの理由ですっきりとしない部分があります。

ポジティブな言い方をすれば、波風を立てずに成果を出すことに

したということでしょう。

3枚目のカード

ソードの2の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

どれくらい先のことかは、分かりませんが緊張部分が大きくなって

どうすれば良いか分からない(ソードの2の逆位置)状態に陥るかも

知れません。

4枚目のカード

戦車の正位置

4枚目は、対策カードになります。

このタロット占いの中心となる2枚目のコインの1のカードが

逆位置ですし、先の時間を表す3枚目のソードの2のカードも

逆位置なのに、対策(カード)としては戦車の正位置ですから

波風を立てないことで何らかの緊張状態が生まれることと

引き換えに行動力を向ける先を絞ったと読むことが出来ます。

小栗旬さんは、何かと引き換えにどうしても通したいことが

あった読むことが出来ます。

波風をたてずにすっきりとしないまま何を通そうと

していたのかが気がかりです。

5枚目のカード

ワンドのペイジの正位置

5枚目のカードは、三浦春馬さんの深層心理を表しています。

小栗旬さんの提案したことに対して積極的に取り組もうとした

(ワンドのペイジの正位置)と読むことが出来ます。

ペイジですから三浦春馬さんにとって小栗旬さんは、ナイトに

見えたのでしょう。

6枚目のカード

カップのクイーンの逆位置

6枚目のカードは、小栗旬さんの本音部分を表しています。

1枚目の節制の逆位置や2枚目のコインの1の逆位置、3枚目の

ソードの2の逆位置を通して、この6枚目のカップのクイーンの

カードを読むと小栗旬さんは、自分自身に合わないけれども

安定した何らかの成果を出せる環境と三浦春馬さんが資質として

持つある種の正しさみたいなものの間で揺れていたと読みました。

これは、育った環境に繋がっているものでしょう。

三浦春馬さんと共通して感じられるサターンリターン問題の処理です。

この時は、三浦春馬さんは、まだその時期ではありませんが、

小栗旬さんは、サターンリターンの未処理の問題を三浦春馬さんや

その周囲の仲間に投影した可能性があります。

これはカードを読んでいて感じる霊感と言うかイマジネーション部分です。

意外に思われるかも知れませんが、小栗旬さんの方が三浦春馬さんの

真っ直ぐな部分を頼りにしていたと読みました。

三浦春馬さんの持つ真っ直ぐな性格と1枚目から3枚目のカードを

カップのクイーンの逆位置でまとめるような内容との間で

揺れていたということでしょう。

そして最終的に1枚目から3枚目のカードで読んだような価値観を

選択したということでしょう。

本当は、三浦春馬さんのような価値観でやっていきたかったと読みました。

7枚目のカード

コインの6の正位置

7枚目は、こんおタロット占いのまとめ的なカードになります。

小栗旬さんは、積極的に動くことによって現実的な意味で

自分自身に合った環境が見つかることを期待することにしたのだと

読みました。

三浦春馬さんの価値観自体は、好きだったと言うよりも、自分自身も

そうでありたいと思っていたと読みました。

しかしそれは、小栗旬さんにとって現実的なものではない(自分自身が

扱えるものではない)と判断した(ソードの2の逆位置)ということでしょう。

カード全体の印象ですが、小栗旬さんは、小栗旬さんで三浦春馬さんと

まったく異なる気がかりを背負って育って来たと読むことが出来ます。

小栗旬さんから見たら三浦春馬さんの存在が背負っているものに対しての

希望みたいなものに感じられたのではないでしょうか。

あくまでも相対的なものですが三浦春馬さんは、根っから主体的に

動いていますが、小栗旬さんは、案外、受け身というかポジティブさを

演じていたということでしょう。

これはあくまでも三浦春馬さんとの関係性においての読み方です。

もっと言えば幼い頃から演じて来た自分自身のキャラクターのペルソナを

自然体で行っている三浦春馬さんを見て驚いたと読みました。

sponsored link
error: Content is protected !!