翔平さんの上げ記事は、社長のお陰か?(タロット占い)

sponsored link

三浦春馬さんとは、やはり親友だったみたいな上げ記事が出ましたが

ガーシーさんとどちらが正しいのでしょうか、サラッとカードを

読んでみました。

1枚目のカード

カップの2の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

カップの2のカードは、異なる存在を愛情(気持ち)で繋ぐことを

表しています。

しかし逆位置ですから、何らかの調整が必要と誰かが判断した

ということでしょう。

2枚目のカード

コインのクイーンの逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

コインのクイーンのカードは、実際的に育てる能力のある人物像です。

生活面であれば衣食住みたいなことになります。

仕事や人間関係であってもそれくらい具体的に世話します。

逆位置ですから、このタロット占いの主体となる社長にとっては

飽きるほど、いつものこと(コインのクイーンの逆位置)と読みました。

お世話の逆位置(過剰)という読み方になります。

3枚目のカード

コインの2の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

コインの2のカードも繰り返すことを表しますし、やはりその結果

その行動パターンに飽きています。

言い方を変えれば、定石とも言えるやり方であって特別ではなく

コインの2のカードですから偶然上手く働けば良しみたいな感じで

することなのかも知れません。

4枚目のカード

コインの10の逆位置

4枚目は、社長の対策カードになります。

期待していることが(偶然に)起こるように意図していると

読むことが出来ます。

コインの10のカードですから資金、社会的ポジション、

具体的な経験を活用することと読むことが出来ます。

5枚目のカード

コインのキングの正位置

5枚目のカードは、三浦翔平さんの本音部分を表しています。

自分自身のコイン(ポジションや感覚と言ったコインのカード)に

自信があるということでしょう。

横柄な態度でセットしてもらう写真からも自信の程が窺えます。

「人には添うてみよ馬には乗ってみよ」と言われますから

実際に付き合うと案外、良い人なのかも知れませんが・・・。

6枚目のカード

ソードの10の正位置

6枚目のカードは、社長の本音部分を表しています。

4枚目の社長の対策カードは、コインの10のカードで

本音部分の6枚目のカードは、ソードの10のカードですから

対策内容と本音部分が対立していることが分かります。

土の元素と風の元素は、折り合いが付き難いのです。

ですから簡単に言えばストレスを感じているでしょう。

しかし仕事だから当たり前(ソードの10の正位置)と言う認識

かも知れません。

ソードの10のカードは、自分自身の方針に従った結果です。

対策内容が土の元素ですから風の元素で飛ばされて「あーあ」

ということでしょう。

7枚目のカード

ワンドの8の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

社長にとって翔平さんを取り巻く状況が動いているのでお知らせ

(ワンドの8のカード)ということでしょう。

ワンドの8のカードは、意思の圧縮ですから社長の様々な思いが

込められているのでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!