三浦春馬さんと三浦春馬さんの父親が再会出来なかったタロット占い

sponsored link

三浦春馬さんの父親の願いは、何故、叶わなかったのか

こちらの写真を見て占っています。

何故、三浦春馬さんが父親にもう一度会うことが叶わなかったのか

という問いでもあります。

1枚目のカード

ソードの10の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

ソードの10のカードは、自分自身をやり直すことが無理みたいな

ニュアンスで説明されることが多いですが、ソード(思想)が取捨選択

された結果が確定して身動きが出来ない状態と読むことが出来ます。

自分自身の考え(ソード)を貫いて身動きが取れなくなったのは、

三浦春馬さんと読んで良いかも知れません。

「10」ですから、運命が切り替わるタイミングでもあります。

2枚目のカード

ワンドの5の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカード解説で書いた運命が切り替わるタイミングで

挑戦的に意思を表明したと読むことが出来ます。

3枚目のカード

ソードの5の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

理由は、何であれソードの5のカードは、一方的に自分自身の

考えを主張します。

4枚目のカード

カップの3の逆位置

4枚目は、対策カードになります。

2枚目、3枚目も自己主張の「5」のカードです。

2枚目のカードがワンドで3枚目のカードがソードです。

4枚目のカードでカップの3が加わって働くことで

三浦春馬さんは、もしかしたら三浦春馬さんの父親も受け身で

いられるような状況を失ったと読みました。

三浦春馬さんは、その背景を知っているかも知れませんが、

三浦春馬さんの父親は、知らなかった可能性があります。

カップの3の逆位置は、贅沢みたいなニュアンスで読まれることが

多いのですが、1枚目から3枚目のカードの流れと併せて読むと

三浦春馬さんが父親に会いにいく約束は、このタイミング

(1枚目のカード)では、そのようなことになってしまっていた

のかも知れません。

会いにいくことは、何らかの理由でもう不可能だったと言うことに

なりますから、対策内容は無かったのかも知れません。

やはりソードの10の逆位置(三浦春馬さんの考えの結果)から

生じたことと読めます。

sponsored link

5枚目のカード

コインの8の正位置

5枚目のカードは、三浦春馬さんの父親の深層心理を表しています。

深層心理のターンですが、今回のタロット占いでは気になったことを

書きます。

4枚目のカードで対策内容としては、間に合わなかったと書きましたが

コインの8のカードですから三浦春馬さんの父親は、何かを具体的に

決断する必要があったかも知れません。

6枚目のカード

コインの6の正位置

6枚目のカードは、三浦春馬さんの深層心理を表しています。

深層心理のターンですが、今回のタロット占いでは気になったことを

書きます。

4枚目のカードで対策内容としては、間に合わなかったと書きましたが

このタイミング(三浦春馬さんが父親と会う約束)でなければ

知り得ないこと、取り組めないことがあったと読みました。

7枚目のカード

愚者の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

単純に読めば、先に進めない、次の世界へは、いけないという

ことになります。

今回のタロット占いのカード全体と愚者のカードを併せて読むと

何かを手放すタイミングであり、考え方をすっかり変えてしまえば

三浦春馬さんは、父親に会えたかも知れません。

それは言い方を変えれば、三浦春馬さんが生き残れた可能性があります。

それは、同時に三浦春馬さんの父親も生き残れたかも知れません。

しかしこれは180度反対を意味しますから、三浦春馬さんが

取りあえず独立を止めれば良かったと言うことになります。

今の三浦春馬さんのソードのクイーン(光)へ

5枚目と6枚目のカードを読むと、姓名変更以外に重要な実務的な

ものがあったかも知れません。

しかし、それをしてもらったら困る人もいたかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!