坂上どうぶつ王国に出ていた春馬という名前の犬のタロット占い

坂上どうぶつ王国に春馬という名前の犬が出ていたというツィート

を見てカードを引いてみました。

1枚目のカード

法王の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

法王のカードですから、何らかの強い主張があると読むことが出来ます。

法王のカードの主張は、強いものですが、カードデザインから

読めるように、そこには、特定の法王と2名の信者が描かれています。

つまり法王の主張が通る世界の中の主張です。

当たり前と言えば、当たり前のことで、犬の名前ではなく政治の話題

であっても、様々な事件事故であっても、そのような主張や情報を

全ての人が同じように受け取ることは、ありません。

このような前提を踏まえた上での強い主張です。

ですから、発信する側の法王と受け取る側の信者が誰か?という問題は、

別の問題としてカードを読む必要があります。

「18日、春馬」というキーワードでツイートされた人たちが

感じてしまうような法王のカードの主張なのか、同じように

「18日、春馬」というキーワードであっても発信した側とその仲間の

間での主張なのかで、かなり読み方が変わって来ます。

2枚目のカード

コインの10の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

コインの10の正位置ですから何らかの手柄、利点、利益等

1枚目のカード解説で書いた特定の法王と信者の関係性の中で

メリットある状態を作り出すことに成功したと読むことが出来ます。

この2枚目のコインの10の正位置は、1枚目の法王のカードが

何らかの主張が出来る場所を見つけたと読むことが出来ます。

その場所がフジテレビの「坂上どうぶつ王国」ということでしょう。

3枚目のカード

コインの1の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

コインの1の正位置ですから、2枚目のカード解説で何らかの

タイミングを得たことで、新しいことを始めると読むことが出来ます。

タイミングを得るというのは、「10」は、新しい段階に及んだことを

意味するものだからです。

4枚目のカード

塔の正位置

4枚目は、対策カードになりますが、「坂上どうぶつ王国」は、

単なる「場」ですから、いったい誰の対策カードになるのでしょうか?

イマジネーション部分については、割愛したいと思います。

カードだけを読むと、3枚目のカードが表す先の時間で何らかの停止した

状態を打破すると読むことが出来ます。

塔のカードの衝撃は、けっこう大きなものですが恋愛占いであれば、

浮気がばれるとかいった感じのことであり、今回のタロット占いの問いは、

春馬という犬の名前を連呼しただけなので、この塔の正位置は、

不安を煽る程度の読み方で良いかも知れません。

ご丁寧に午年の犬と言う解説付きなので、ツイートされている方たちの

受け取り方もあり得るものだと思います。

5枚目のカード

コインのキングの正位置

5枚目のカードは、1枚目のカード解説で書いた法王の信者の

本音部分を表しています。

午年生まれの春馬と名付けられた犬という取り上げ方のセンスに

絶対的な自信を持っているということでしょう。

コインは、お金のイメージが強いかも知れませんが感覚(センス)も

重要な意味合いになります。

6枚目のカード

カップのキングの逆位置

6枚目のカードは、ツイートされた方たちの気持ちを表しています。

文章を分かり易くするために視点を変えて書いていますが基本的に

ツイートされた内容を主体に読んでいますから6枚目のカードが

ツイート内容側の気持ちになります。

本来は、カップのキングのカードは、感情は動かされないのですが

逆位置ということで、気持ちが動いて大変といったところでしょう。

7枚目のカード

コインの9の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

小アルカナの「9」は、精神的なもの、つまり中身です。

ホロスコープの第9ハウスをイメージすると理解し易いかも知れません。

「坂上どうぶつ王国」という場は、フジテレビで作られていますから

職場での具体的な成功、満足したということでしょう。

「9」は、精神的な満足ですが、コインのカードですから、何らかの

法王に向けて、法王の信者が満足していますと表現しただけでしょう。

その満足感を表現するために「18日、春馬、午年・・・」の

キーワードが必要だったと読みました。

それがいったい、どのような満足感なのかは、読んでくださった方の

イマジネーションにお任せ致します。

この記事にメールを頂きました。

犬の件ですがたしかCM家族の父親が犬で日本人を下げる意味合いが

有るみたいで、みなさんがよくその話題でバカにしてる話を目にします。

真偽は、分かりませんが様々な読み方をされるのがタロットカードです。

sponsored link
error: Content is protected !!