75年間秘密にするつもりだった?5胃座ー製枠珍のタロット占い

sponsored link

75年間秘密にするつもりだった5胃座ー製枠珍のタロット占い

についてカードを引いてみました。

75年後・・・。

細かいことは、リンク先のツイート内容を確認して下さい。

あまりの驚きに自家消費的に引いたカードです。

1枚目のカード

コインのペイジの正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

コインのペイジの人物像は、仕事を始めたばかりの人がコツコツと

真面目に頑張っている感じですが、ペイジですから、まだまだ

不確かなレベルです。

入社して間もない人物像ですから、当然でしょう。

過去の治療の実験でコインのペイジの人物像のレベルと

読むことが出来ます。

2枚目のカード

コインの10の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

難しい問いなので、素直にカードを読み進めていきます。

コインの10のカードですから、かなりの利益を得ると

読むことが出来ます。

「10」という数字に入ったことで、新たな段階にいることも

読み取れます。

「3」は、発展性がありますし、「6」も簡単に言えば、成功です。

「9」は、「10」と成功のレベルは、同じですが、まだ外形が

整っていません。

「10」は、取りあえずしっかりと形になった段階の成功です。

しかも「1から9」の最終形でもあります。

だからこそ新たなスタート地点でもあります。

1枚目のカードから通して読めば、まだコインのペイジの人物像の

レベルの段階なのに新しい段階に入ったと読むことが出来ます。

つまり実験の成果は、まだまだ新入社員レベル(取りあえず採用された

とも言えます)なのに、実際の枠・珍として流通したと読むことが出来ます。

3枚目のカード

法王の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

2枚目のカード解説で新たなスタート地点に立ったと読みましたが

言い方を変えれば、それはチャンスです。

どういうレベルであれ、そこまで到達しないと流石に世の中に

出回ることはないでしょう。

最近のペイジレベルは、落ちているという見方を加えると

もしかしたら、まだ研修医レベルであって、まだ臨床経験が

ないというイメージでも良いかも知れません。

それでも自己主張出来る状態になった(法王のカード)と

読むことが出来ます。

法王のカードのデザインには、足元に寄り添う信者が2枚います。

この受け入れてくれる信者がいたからこそペイジレベルで

使われ始めたと読むことが出来ます。

受け入れてくれた信者は、逆位置ですから利益を優先していると

読むことが出来ます。

もう一つの大切なポイントは、法王のカードの法王は、神と信者を

繋ぐ存在であり神の代理のようなものです。

つまり実験施設と日常に暮らす人々を繋ぐ存在とも言えます。

法王のカードの法王は、神の代理ですから、その意思と法王の意思を

繋ぐ距離間は、神と人間ほどに離れています。

これらを踏まえて2枚目のコインの10の正位置からの法王の逆位置を

続けて読むと神の意思だから、多少の犠牲は、仕方がないということでしょう。

しかし、この神は、「2枚目のカードの10」という限定された

特定の利益のための神です。

sponsored link

4枚目のカード

星の正位置

4枚目は、対策カードになります。

星のカードですから、実際に生活している様々な人々が受容する(枠・珍・摂取)

ことが対策内容になります。

利益の他に様々なデータが得られるという意味かも知れません。

専門的な知識がないので詳細について言語化が出来ませんが、タロット占い

として言えることがあります。

星のカードの一つ前は、塔のカードです。

つまり塔のカードの働きを前提として星のカードは表れます。

その意味は、塔が雷に打たれて中身(真実)が出て来るということです。

このタロット占いの塔は、誰かの体です。

それが倒れることで利益や情報と言った、枠・珍を使う側にとっての

真実が明らかになるという意味になります。

5枚目のカード

愚者の正位置

5枚目のカードは、枠・珍を打たれる側に及ぶ影響を表しています。

枠・珍側の対策内容は、星のカードですから衣服も着ていない

守る力のない状態で行う無茶な挑戦(愚者のカード)と読むことが出来ます。

「副反応事例が1291種類、治験者4万2千人の内、

3ヶ月間だけで後遺症者520人。

治験者の約3%を占める接種後死亡者1223人等。」

という数字が無茶なのか、新しい世界へのジャンプ、つまり経験したことの

ないチャレンジ(愚者の正位置)、夢を叶える(愚者の正位置)等々

愚者の正位置の解釈は、それぞれの価値観で読んで下さい。

6枚目のカード

コインの3の逆位置

6枚目のカードは、枠・珍を打ちたい側の本音部分を表しています。

利益を大切にしたいということでしょう。

利益と言っても様々なものがあることを意識して下さい。

結果的にお金じゃないかと言われればそれまでですが、そこに至る過程が

豊かな解釈に繋がります。

7枚目のカード

審判の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

6枚目のカード解説で様々な利益がありますと書きました。

どのような利益を欲しているのか?

3枚目のカードが法王のカードですから、優位な立場で物事を動かす力

(法王のカード)を取り戻したい(審判のカード)と読むことが出来ます。

審判のカードが逆位置ですから、何らかの力を復活させる使命感を

持っているかも知れませんし、単に元には戻れないと読むことも出来ます。

誰かが権力を欲していると読みました。

sponsored link
error: Content is protected !!