賀来賢人さんの「僕消されちゃうかも」発言のタロット占い

賀来賢人さんの謎の発言の内容は、こちらのツイートでカードを引きました。

1枚目のカード

ワンドのペイジの逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

ワンドのペイジのカードには、お知らせという古典的な意味があります。

人物カードのペイジは、他者の影響を受け易い性質を頼りないという

解釈されがちですが、環境を吸うと考えても良いのかも知れません。

恣意的要素が働き難く素直な物言い(お知らせ)と言えるかも知れません。

1枚目のカードは、動機ですから賀来賢人さんは、素直にやむに

やまれず知らせたいことがあったと読むことが出来ます。

ワンドは、火の元素ですから、勢いと同時に今、話さなければ

消えてしまうみたいな切羽詰まった感じがあります。

2枚目のカード

ワンドのキングの正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカードは、ペイジのカードでしたが、中心となるカードは、

キングの人物像です。

タロットカードの人物カードでキングが最上位になります。

1枚目の動機は、ワンドのペイジのカードで2枚目がワンドの

キングのカードって何?と思われるかも知れませんが、知らせたい

動機を賀来賢人さんが絶対に発言するという不退転の決意で

行ったと読みました。

「もしかしたら僕、消されちゃうかもしれない」

キングのカードを考慮すると、この言葉は茶化しているのではなく

本気だと読みました。

3枚目のカード

ソードの8の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

ソードの8のカードを一言で言えば信念です。

ソードは取捨選択(様々な判断)が凝縮された状態です。

悩みに悩んで、やはり言うしかないと判断したのでしょう。

しかし、これは3枚目のカードですから、発言した後に、

テレビで言ってしまって大丈夫だろうか?と考え続けた

(ソードの8の正位置)と読むことが出来ます。

4枚目のカード

コインのナイトの正位置

4枚目は、賀来賢人さん対策カードになります。

コインのカードですから、先ずは、現実的、実際的になることが大切です。

ナイトは、運営する能力がありますから、実際に体験しながら

様々なことを学ぶことになります。

コインのナイトのカードの人物像は、実際に動くと言う意味で信頼出来る

人物ですが、実直な分だけ、それ相応の授業料を払います。

信頼出来る人物像ですが、体験内容によっては、損するかも知れません。

対策内容も実行するとしか言いようがないものです。

5枚目のカード

カップの10の正位置

5枚目のカードは、イマジネーションとしては、三浦春馬さんの

深層心理を表している読みました。

カップの10の正位置ですから、満足していると読むことが出来ます。

これで十分だよと賀来賢人さんに伝えていると読みました。

6枚目のカード

ワンドの5の正位置

6枚目のカードは、賀来賢人さんの深層心理を表しています。

発言した時の雰囲気は、穏やかな感じですが、ワンドの5のカード

ですから自己主張の中に少なからず攻撃性があります。

怒っているのかも知れません。

7枚目のカード

ワンドの9の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

賀来賢人さんは、何らかの理由で精神的な価値を追い求めざるを得ない

心境だったと読めますが、逆位置ですからそこに込められた心身の自由を

求めた言動は、やり過ぎ(ワンドの9の逆位置)だったと読みました。

賀来賢人さんは、その後、たくさんのプレゼントは、頂けたのでしょうか?

春馬さん寄りな気がしたので心配です。

sponsored link
error: Content is protected !!