三浦春馬さんのカネ恋での泣き顔のタロット占い

演技ではない泣き顔は、何を見せられたのかと言う問いの

タロット占いです。

かなりずっと気になっていました。

最初にお断りしますが、これが全てではないです。

読めた範囲、公開出来る範囲で書いています。

春馬さんの泣き顔カネ恋のツイート内容は、こちらです。

1枚目のカード

ソードの6の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

ソードの6のカードですから三浦春馬さんが大切に考えていたことが

関わっています。

泣いた理由の一つです。

今回のタロット占いのイマジネーションで強く感じたことは

子供の命です。

子供たちでは、ありません。

カネ恋の6月26日表記は、松永の苗字と春馬の名前の組み合わせと関係あるのか

というカードとここで繋がってきますが、リンク記事のタロット占いの

時点では、脅しですが、今回のタロット占いでは、実際に三浦春馬さんの

知っている子が、そういうことになったと読みました。

2枚目のカード

吊られた男の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

吊られた男のカードですから、何らかの理由である物事が止まっています。

何らかの理由とは、何か?

三浦春馬さんがあることに従わなかったからでしょう。

どんな物事が止まっていたのか?

○○の命、しかも三浦春馬さんの知っている子供の命と読みました。

3枚目のカード

カップの10の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

止まっていた状態を何とかするチャンスと読むことも出来ますが、

逆位置ですから、イマジネーション部分と併せると

「チャンスだったのに、お前のせいで・・・となった。」と

読むことも出来ます。

「今さら何をしても遅いよ、お前には、もううんざり(カップの

10の逆位置)」と読むことが出来ます。

4枚目のカード

ワンドの8の正位置

4枚目は、三浦春馬さんを泣かせた側の対策カードになります。

三浦春馬さんが驚き、はらわたから悲しみが滲み出るようなものを

見せられたと読みました。

ワンドの8のカードの驚くような知らせです。

5枚目のカード

カップの8の逆位置

5枚目のカードは、三浦春馬さんの深層心理を表しています。

逆位置ですから、見捨ててしまったと読みました。

恐らく、条件を守ってきたから、そこまでするとは思わなかった

ということでしょう。

この条件は、撮影に入るまでに子供一人分くらい体重を落とせくらい

言われたと読みました。

そうすれば三浦春馬さんも、その他のことも大丈夫という感じでしょう。

子供以外にもう一つ見たイマジネーションがありますが、それは、

ワンドのクイーンの正位置と関係ある人物像です。

6枚目のカード

ソードのクイーンの逆位置

三浦春馬さんを泣かせた側の本音部分を表しています。

美しくないもの(ソードのクイーンの逆位置)を見せたと読みました。

7枚目のカード

ワンドのクイーンの正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

三浦春馬さんにとって、ワンドのクイーンの正位置は、やはり

母親だったと読みました。

今の三浦春馬さんのソードのクイーン(光)へ

イマジネーション部分を公開した形で書くためにホロスコープで

説明致します。

イマジネーション部分について、どう言語化すべきか?と考えた時に

子供たちでは、なく、子供のこと。

そしてワンドのクイーンの正位置とは、誰か?

三浦春馬さんが美しくないと感じること。

イマジネーション得た子供も三浦春馬さんにとってのワンドのクイーンの

正位置も、全てがICにコンジャンクションしている太陽(三浦春馬さん自身)に

繋がっていきます。

太陽は、第3ハウスにありますが、第4ハウスのカスプであるICの2度前です。

実質的に第4ハウスの影響を受けます。

そして月は、第8ハウスですから、良くも悪くも母親から譲り受けたものが

三浦春馬さんの人生に大きな影響を与えます。

そして、この月は、友人関係に裏切られる第11ハウス冥王星とスクエアです。

sponsored link
error: Content is protected !!