日本で行う米の枠珍在庫処分情報(布田拓也市議会議員)のタロット占い

泉佐野市議会の布田拓也議員のツイートです。

「アメリカの医師から聞きました。

アメリカではコロナ以前の生活にほぼ戻っている。

9割の人がマスクを外していて、ワクチンを推進する政府や

メディアの声も、急にほとんど聞かなくなったそうです。

ワクチン在庫処分を日本でされている構造かも。」

以上がツイート内容ですが、本当だったら、怖いですし

どういうこと?と思って、サラッとカードを引いてみました。

1枚目のカード

カップのクイーンの正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

カップのクイーンのカードですから穏やかに結び付いていると

読むことが出来ます。

日本とアメリカが繋がっていると言うことでしょう。

2枚目のカード

コインのキングの正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

コインのキングの正位置ですから、アメリカの医師の言うことが

信用出来る、若しくは、布田拓也市議会議員の情報が信用出来る

と言うことでしょう。

3枚目のカード

ワンドのペイジの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

気になるのは、この3枚目のワンドのペイジのカードです。

ワンドのペイジのカードのお知らせという意味は、ある意味で

合っているのかも知れませんが、逆位置です。

ワンドのペイジの逆位置ですから簡単に言えば公私混同ですが、

アメリカの医師の発言は、オフレコにすべきとか、公然と

言ってはいけないと言うことでしょう。

ワンドのペイジのカードは、ある種のアイデアみたいなものでも

ありますから、やはり、一つの考えみたいなものと言うことでしょう。

4枚目のカード

ワンドの8の正位置

4枚目は、対策カードになります。

3枚目のワンドのペイジもお知らせという意味がありますが、

ワンドの8のカードにもお知らせという意味があります。

ワンドの8のカードは、凝縮した状態から弾けようとするので

驚くようなお知らせというニュアンスがあります。

アメリカの枠珍の在庫処分という情報自体が驚くべき情報ですが

「8」ですから凝縮した状態の情報ということでもあります。

本質をついているということになります。

5枚目のカード

ワンドの2の逆位置

普通であれば、誰かの本音部分を表すカードになります。

ややこしい問題なので、この5枚目のカードが誰の立場なのか

判然としませんが、力・権力を使う気があるということですから

アメリカの本音部分と言うことでしょうか。

布田拓也市議会議員や日本政府が力を行使したいと読んでも

読める内容になります。

5枚目のカードや6枚目のカードは、解釈次第でいくらでも

読み方が変わってきます。

6枚目のカード

ソードのクイーンの正位置

6枚目のカードも誰かの本音部分を表しています。

ソードのクイーンの正位置ですから、正義や公正と言うことでしょう。

布田拓也市議会議員の正義なのか?

日本政府の正義なのか?

はたまたアメリカの正義なのか?

5枚目のカードや6枚目のカードは、解釈次第でいくらでも

読み方が変わってきます。

7枚目のカード

審判の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

審判のカードは、今まで見えていなかったものが見えてくるという

本質的な意味があります。

逆位置ですから、過剰な働きとして秘密を明かすということなのか

滞っている(逆位置)状態として盲信みたいなニュアンスになるのか、

様々な読み方が出来ます。

今回のタロット占いのような具体的な情報を扱う場合は、正解と言える

ようなものがあります。

もちろん、現実の社会には、常に複数の正解があります。

極端に言えば、立場の数だけ正解があります。

しかし、それでは単なる主観になります。

ただ、今回のタロット占いの時系列部分である1枚目から3枚目の

カードが全て人物カードだったことが非常に興味深いと思いました。

布田拓也市議会議員の立場、日本政府の立場、アメリカの医師の立場等々

それぞれ読まないといけないのかも知れません。

7枚目が審判のカードなので、何らかの秘密が明かされたという話では

あると思います。

そういう側面もあると言うことなのでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!