秘密を知った美しい人を独立させずに派閥に置く必要があったのか(タロット占い)その1

sponsored link

ある記事に頂いたコメントの要約です。

「必要な振り付けのMVは別にあるんでしょうね。

それを取らせるために高圧的職員を向かわせたのでしょうね。

あの目のポーズ。

その映像を中心にMVに収めたのでしょうね。

忠誠の証として。

○○山麓周辺は新興宗教の集まりとも言われているようです。

でも私はそういうことではなく、

社を二分する争いの事だと思うのですが。。。

サイコは子会社の社長に就任しているんです。

所属は1組のみです。

今もそのままです。

そこからサイコは返り咲きです。

その足固めが○○のハニートラップではないでしょうか。

そして現○○は、3年で驚異の出世。

会長は何をしていたんでしょう?

この人事に満足ですよね。

ワンマン会社ですから会長の威光に添っているはず。

それとも大御所が黒幕?

○○になった時にはすでに社長は射程内。

だから○○は寝返る。

全て寝返る。

美しい人の周りは敵ばかりとなる。

この戦いをしかけたのはサイコだと思います。

○○は戦いに敗れ身の安全のために美しい人を追い込んだ。

何やら役目は負っている。

美しい人の○○が担っていた役割は○○の会社が担うと

言語化で理解しています。

サイコとは違った立ち位置なんです。

「○○○」は一旦はスケジュールの都合で断っている。

この映画自体が○○の用意した「罠」だったかもしれません。

2017年には既に始まっていた。

そして終わっていた。

美しい人は、どちらにつくか迫られたと思う。

だからこそ、やっていけないと踏んだ人は辞めている。

秘密を知った美しい人を派閥に置く必要があったのでしょうか。

sponsored link

1枚目のカード

正義の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

非常に慎重に考えた(正義の逆位置)と読むことが出来ます。

正義の逆位置ですから、比較している対象(相手)と価値観が

異なると言うことでしょう。

どんなに熟慮しても共存は出来ない(正義の逆位置)とも言えます。

2枚目のカード

ソードのナイトの逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ソードのナイトの逆位置の人物像は、既存の制度を否定する傾向が

ありますから、頂いたコメントの流れから考えると、サイ子に見えます。

これまでの言語化を考慮すると、サイ子は、個人的な気持ちを抱えながらも

命令を実行するだけで、目的の本質は会長が決めたと読みました。

しかし3枚目のソードの1の正位置もサイ子なのです。

「1」は、外部から持ち込むという意味があります。

言い方を変えれば、だからサイ子を出したのです。

最近、美しい人のタロット占いや関連ものを通して気が付きましたが、意思を

曲げずに通すために形を変えて中身を元に戻すという手法も会長の得意

とするところのようです。

今回のタロット占いも6枚目のカードは、太陽の正位置です。

つまり表の子供と裏の子供がいます。

驚異の出世が顕在意識で、サイ子が潜在意識です。

でもこれは、実際的な場面になると入れ替わります。

何故なら既存の在り方を否定している(ソードのナイトの逆位置)は、

会長自身だからです。

この会長の凄いところは、一人で二役出来ることです。

そして元々、大御所に目に関するイマジネーション部分を担わせながら

社の顕在意識を育てて来たのです。

ですから美しい人と美しい人の味方だった社長も、その最後の

タイミングに当たってしまっただけとも言えます。

ですから美しい人の味方だった社長も、必要がなくなったと読めます。

つまり、このソードのナイトのカードの真の正体は、会長です。

そして、場面によって変化しますが、顕在意識を驚異的出世が担い、

潜在意識をサイ子が担います。

3枚目のカード解説に続きます。

sponsored link
error: Content is protected !!