ガーシーさんは、アミュよりなのか(タロット占い)

1枚目のカード

ソードの6の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

ガーシーさんの意思(暴露)に対して噛み合う状況が生まれてきた

(ソードの6の正位置)と読むことが出来ます。

2枚目のカード

節制の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

節制の正位置であれば、ガーシーさんの意思がアミュに移ったと

読みますが、逆位置ですから、アミュの意思がガーシーさんに

移ったと読みました。

3枚目のカード

カップの4の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

カップの4の正位置ですからガーシーさんが受け身になってしまう

ことで、持っている情報を活かすことは出来ないかも知れませんが、

より大きな存在に繋がれますから(カップの4の正位置)、ある意味

安全な状態が手に入ると読むことが出来ます。

しかしカップの4の正位置のポジティブな面は、大きな存在にあります。

個人にとって「4」は、自我の否定になります。

その辺りは、保険をかけて対応しているのかも知れません。

このタロット占いの中心となる2枚目のカードが節制のカードですから

このタロット占いには、二つの立場や浄化の要素があります。

どちらが浄化されるかと言えば、やはり大きな存在ではない方と

読むのが普通かも知れません。

4枚目のカード

死に神の正位置

4枚目は、対策カードになります。

先ずカード全体の流れですが、ガーシーさんが何らかの反作用を

利用して自分自身の安全を担保していると読むことが出来ます。

この反作用を作り出す対象とガーシーさんのバランスは、いつ

ひっくり返ってしまうか分からないものです。

この4枚目の死に神のカードは、不要なものを排除しますが、

3枚目のカップの4の正位置は、大きな存在(アミュ)にとって

有利なカードです。

ですからガーシーさんの対策内容としては、バランスを取ることです。

嘘つき○○一味という表現のように都合良くバランスポイントを

ずらして来ますから、安心していると、とても危険かも知れません。

5枚目のカード

カップの6の逆位置

5枚目のカードは、大きな存在(あ)の本音部分を表しています。

まだガーシーさんの情報の程度や影響力の度合いを計っている

(カップの6の逆位置をポジティブに使った場合)と読むことが出来ます。

言い方を変えれば、まだ様子を見ているということでしょう。

6枚目のカード

コインの1の逆位置

6枚目のカードは、ガーシーさんの本音部分を表しています。

ガーシーさん的には、まだ満足は出来ない(コインの1の逆位置)と

読むことが出来ます。

7枚目のカード

カップの5の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

カップの5の逆位置ですから、暗黙の了解みたいなものは、破られる

可能性があると読むことが出来ます。

sponsored link
error: Content is protected !!