宿泊施設への専用手段のタロット占い

以下のようなものを頂きました。

「薄々あの愛蘭土は変だと気づいている人が多数います。

堂々と○○○を買い取り改修したとしています。

宿泊施設有りと考えるのが普通では、ないでしょうか。

当たり前に泊りに来ても疑われません。

往来の際、誰にも見られない仕組みとのこと。

専用の手段があるのでしょう。」

青字の部分のタロット占いです。

1枚目のカード

コインの9の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

コインの9のカードですから、物質的価値(金銭的価値)を探求した

結果、その段階が上がっていったと読むことが出来ます。

1泊5千円素泊まりから帝国ホテルのスイートルームに泊まれる

状態になったというイメージです。

それくらいの待遇ということでしょうか。

2枚目のカード

ワンドのキングの正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

乗せるお客様は、カリスマ性の持ち主(ワンドのキングの正位置)

ばかりなのでしょう、VIPでしょうか?

3枚目のカード

審判の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

同じような価値観の人が集うと読めます。

審判のカードは、目的に対してストレートに到達することで

死者を蘇らせるという無茶をやり遂げます。

それは、考えられる限り、ありとあらゆる制限を排除する

という意味になります。

つまり、そのような移動手段を使うということでしょう。

それは、言い訳を許さないことでもあります。

言い方を変えれば、お客様の都合に合わせるということでしょう。

つまり好みや都合、段取りによって空かもあれば、海からも

あるということでしょう。

まさか水の中からという秘密主義者用の対応もあるかも知れません。

それくらい制限を排除するということです。

もし試験に何度も落ちたりするような身内がいる場合は、水中から

やって来るかも知れません。

4枚目のカード

カップのキングの正位置

4枚目は、対策カードになります。

お客様の要求には、誠実に応じるということでしょう。

5枚目のカード

カップの9の正位置

5枚目のカードは、サービスを受ける側の本音部分を表しています。

満足(カップの9の正位置)ということでしょう。

6枚目のカード

カップの6の正位置

6枚目のカードは、サービスをする側の本音部分を表しています。

お客様と共に楽しみたいということでしょう。

7枚目のカード

ワンドの4の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

失敗が許されない完全な仕事(ワンドの4の正位置)ということでしょう。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

このカードもきっちり見えました。

美しい人が危険に思われた理由が、はっきりと理解出来ました。

sponsored link
error: Content is protected !!