美しい人は、早朝(知らされた時間と別のタイミング)に病院に運ばれたのか?

sponsored link

1枚目のカード

カップの3の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

先ず「3」として注目してみます。

何らかの動きが間断なく続いている状態です。

カップですから気持ちです。

しかも内輪のことです。

ところが逆位置ですから、滞ったり、過剰になって慌てたりといった

ギクシャクした動きと読めます。

このカードは、美しい人の発見者でしょうか?

美しい人のタロット占いは、正解探しではなく、一つ一つを顕微鏡で

観察するみたいに何万ピースもあるようなパズルのたった一つが

得られたら上出来というつもりで読んでいます。

ですから、それぞれの読み(言語化)で矛盾が生じる場合があります。

それが単純に間違いを意味することもあれば、繋がるピースの面が

異なるだけで、ピースそのものは、必要ということもあります。

2枚目のカード

コインの8の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカード解説で書いた慌てた流れを、立て直すのが

このタロット占いの中心となる2枚目のカードであるコインの8の

正位置の役割です。

コインの8のカードですから、物質的な蓄積、濃密になっていく

感覚的なもの(物質)ということが本質的な意味です。

1枚目のカードを抜きに、これだけぱっと読むと美しい人の生命の

炎が次第に弱くなって物質化していくようなイマジネーションが

湧いてきます。

だから過去のカード(1枚目のカード)で慌てたとも読めます。

ただ1枚目のカードを先頭にして2番目のカードとして読むと

慌てた状態から、落ち着いて取り組み直した(コインの8の正位置)

ということになります。

目的は、確実に安全(コインの8の正位置)にということでしょう。

それは美しい人のためではなく、美しい人を消した側にとってです。

3枚目のカード

ソードの4の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

先ず、ソードの4のカード単体の意味で「病院」があります。

これは、この美しい人のタロット占いの独特な読み方ではなく

極々一般的な読み方です。

ここは、素直に病院に美しい人がいたと時系列として読んでみます。

この場合の時系列とは、あくまでもタロット占いの過去(1枚目の

カード)現在・中心(2枚目のカード)・未来・先の時間(3枚目の

カード)のことです。

ソードの4のカードですから、ここで美しい人の扱い方の方針が

打ち出されたということでしょう。

カードの流れを読んだだけですが、何となく繋がっています。

問題は、誰がこの方針(コインの8のカードからソードの4の

カードの流れ)を判断(ソード)したのか?ということでしょう。

普通のタロット占いであれば、お客様が、読みに対して

「そうかも」とか「少し違うかも」とか反応がありますが

美しい人のタロット占いは、スピリチュアルタロットですから

読んだ内容から生まれる意味が、どう繋がるかが、それの

代わりになります。

どこにも辿り着かない読み方や宙に貼りつけになるような

読み方は、孤立します。

この世で美しい人に起こったことを正解とするら、答えは

どこかと繋がりますから、それらは除外します。

sponsored link

4枚目のカード

カップのキングの逆位置

4枚目は、対策カードになります。

絶対的に信じられる身内にしか頼めないと読めます。

あの病院でしょうか?

5枚目のカード

ソードの10の逆位置

5枚目のカードは、美しい人の本音部分を表しています。

信じていることを実行するタイミングだから何かを

したのでしょうが、もう無理ということでしょう。

6枚目のカード

恋人の正位置

6枚目のカードは、病院を指示した人物の本音部分を表しています。

理性的に考えたはずなのに誰か任せ、状況に合わせるしかなかった

と読むことが出来ます。

恋人のカードは、必ずぴったりと呼応する相手や状況があります。

4枚目の対策内容は、これに振り回された意思決定と読むことが出来ます。

言い方を変えれば、本当に美しい人が知らされた以外のタイミングで

病院に運ばれたならば、それは判断した人物の独断ではなく、致し方のない

状況があったのですから、このポイントで答え合わせが出来ます。

このタロット占いの重要部分です。

カードは、知識があれば誰だって読めますが、この答え合わせは、

誰でもは、出来ません。

何か見落としていないか、多く人の協力が必要です。

7枚目のカード

魔術師の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

美しい人のタロット占いの定番の魔術師の逆位置です。

クロをシロに変える時に必ず出てきます。

美しい人のタロット占いでは、かなり特殊なカードです。

つまり読み方としては、少なくとも美しい人は、知らされた通りにいは

運ばれていないということでしょう(クロ)。

このクロを何らかの方法でシロに変えたと読むことが出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

6枚目のカードがポイントになります。

繋がりますか、どこかの面が合いますか。

パズルのピースとしては、成り立っています。

sponsored link
error: Content is protected !!