○○に伝えたいことと城田優さんの第8ハウスキロンという導火線

○○に伝えたいことというツイデモも見て、その件に関する

導火線についてカードを引きましたが、今回は、タロット占いではなく

城田優さんのホロスコープとの関係について書いています。

城田優さんのキロンは、第8ハウスにありますから根本的な欲求が

満たされなかった可能性があります。

何らかの理由で顕在意識で感じることを困難にさせるような痛みを

経験したと読むことが出来ます。

このようなホロスコープの配置で、相談があれば、幼い頃に

アクシデントやコンプレックス、重い病気等何らかの理由があることが

多いものです。

城田優さんは、有名な父親を持ち、恵まれた状況で育ったと思うのですが

やはり城田優さん自身でしか、感じられない何かがあるのかも知れません。

水星とキロンのスクエアは、コンプレックスを跳ね返すことが出来れば

独特な知性でキャリアを築いていく人もいますから、決してネガティブな

面だけでは、ありません。

心配し過ぎたり、不安になり易い傾向を克服すれば、個性的な知性を

武器に出来るのです。

ガーシーさんが城田優さんのお金の事件について、証拠を示しながら

詳細に語っていましたが、第8ハウスにあるキロンの不安を感じ易い傾向を

お金を得ることで克服しようとしたと考えることも出来ます。

もちろん、ホロスコープ全体を読めば、他にも様々なポイントと

繋がっているはずです。

キロンは癒しの星でもありますから、同じような痛みを持つ人に

有効なアドバイスをすることも可能です。

三浦春馬さんの人生に深くコミットした人物のホロスコープですから

少しずつ丁寧に読んでいきたいと思います。

城田優さんの第8ハウスは、牡羊座ですから深い人間関係であっても

強く責めてしまう傾向があります。

これは、決して悪い意味ではなく、第8ハウスが牡羊座の場合は、

親しい人間関係にこだわらずに新鮮さを感じている間に、別れて

また新しい出会いを求めた方が実りが多いのです。

ですから、最初は三浦春馬さんの才能に対して強い興味関心が

湧き起こり素直に驚いたと思います。

しかし最終的には、あるミュージカルで「死んじゃった」と

歌い踊ったような演出を行うような感じになってしまうのは、何らかの

理由で三浦春馬さんに執着し過ぎたからでしょう。

カードを引くと、この執着にあるドラマ側と利害の一致があったと

読みましたが、今回は、タロット占いについては、書きません。

sponsored link
error: Content is protected !!