捜査の範囲を決めた人は、粛清後新たに何を始めているのか?(美しい人のタロット占い)

1枚目のカード

皇帝の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

皇帝のカードは、どこかしら限定されたエリアを表しています。

皇帝のカードには、守備範囲があるのです。

緑っぽいところか、ハンド○○ランドでしょうか。

公平に美しい人の部屋も入れた方が良いでしょう。

2枚目のカード

隠者の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

隠者のカードの正位置ですから、自由に調べたということでしょう。

つまり、それなりに捜査は、あったと読むことが出来ます。

しかし、過去を表すカードは、皇帝のカードの正位置ですから、

どこか一つに限定されているのです。

3枚目のカード

死に神の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

死に神のカードですから、最初は、普通に捜査しようとしたと

読むことが出来ますが、次の段階で、どこを操作するか断捨離

されたと読むことが出来ます。

死に神のカードの逆位置ですから、為す術がないと読むことが

出来ますが、どのように扱っても亡くなっているわけでだから

一緒ではなく、どのように取り組んでも解決しない

ということでしょう。

つまり、全てを解決するための捜査をしないと読むことが出来ます。

どのように理由を読んでも、逆位置ですから、停止の意味が強く

限定された範囲の捜査すらも自ということで中止されたと

読むことが出来ます。

ですから、ほとんど調べられていないと言えます。

言い方を変えれば自という程度に調べたということでしょう。

4枚目のカード

コインのナイトの逆位置

4枚目は、対策カードになります。

美しい人の事件には、興味関心がないと読むことが出来ます。

本当は、頑なにならずに捜査して欲しいところですが、そのような

対策内容をここで書いても無意味でしょう。

5枚目のカード

コインの2の逆位置

5枚目のカードは、捜査員の本音部分を表しています。

コインの2の逆位置ですから、そもそも関係者に対して、詳しく

事情聴取すらしていないと読むことが出来ます。

挨拶程度と言うか、私は、大丈夫ですみたいな申請を出せば

okみたいなところと同じかも知れません。

6枚目のカード

魔術師の正位置

6枚目のカードは、捜査の範囲を決めた人の本音部分を表しています。

魔術師の正位置ですから、誰かとコミュニケーションが活発に

行われていると読むことが出来ます。

このタロット占いの中心となる2枚目のカードと併せて読むと

限定された範囲で調べて出てきたもので、情報を発信(魔術師の正位置)

発信していけば良いということでしょう。

7枚目のカード

ワンドの1の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

まとめのカードが、物事を始める意思を表すワンドの1の正位置です。

これは、とても意味深です。

誰が、どんなことを始めようとしているのでしょうか?

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

気になることが二つあります。

捜査の範囲を決めた人は、誰とコミュニケーションを活発に

行ったのでしょうか?

そして除外された範囲は、調べてはいけない範囲と言えます。

そして、6枚目のカードが魔術師の正位置で7枚目のカードは、

ワンドの1の正位置で意思を持って何を始めたのでしょうか?

捜査されていない範囲が本格的に稼働するタイミングだった

のかも知れません。

3枚目のカードの死に神のカードの断捨離や整理整頓を

ちょっとセンセーショナルな表現すると粛清です。

粛清の後に何が本格的に始まるのでしょうか?

捜査の範囲を整理整頓して放棄した部分が捜査しなかった部分です。

そこがワンドの1の正位置、つまり新しく始まると読めるのです。

コミュニケーションを頻繁に取っていた階層の存在がこれから

利用するということでしょうか。

粛清後の情報の発信、伝達とワンドの1の正位置は、

株価の変てこな動きも関係あるかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!