仮面の儀式の悪魔のカードの読み方

sponsored link

公開消滅という仮面の儀式のタロット占いの

3枚目のカード悪魔の正位置の深掘りについて書いています。

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

2枚目のソードの10の逆位置から悪魔のカードを続けて読むと

公開消滅ドラマは、美しい人の友人のボスもコントロールが

出来なかった意味が分かりました。

公開消滅ドラマでは、美しい人を消した側が、やりたいように

やって良い空間だった(悪魔のカード)と読むことが出来ます。

イマジネーションとして仮面の儀式と言語化するだけではなく、

カードの読み方(ソードの10のカードから悪魔のカード)は、

思想に偏っていますが、何でも自由にやれる状況だったと

読むことが出来ますから、公開消滅ドラマは、美しい人の友人の

ボスであっても気にする必要がない、つまり口を挟めない空間だった

と読むことが出来ます。

悪魔のカードの悪魔側の仮面の儀式だから、口を挟めないと読みました。

しかし、それは、客観的に見れば悪魔のカードの悪魔側の人間の

欲望を満たすためだけのものでしょう。

ソードの10の逆位置というタイミングだからかなのか?という視点も

ソードの10のカードには、あります。

美しい人を消してしまうことは、悪魔のカードの悪魔側にとって

それまでの流れからレベルが上がったことを意味た可能性があります。

それを祝うという意味もあるでしょう。

恐らく島が本格的に稼働し出したのかも知れません。

普通に読めば、「10」は、時間の経過と共に現れた空間と

読めますから一時的なものです。

現実的に同じ公開消滅ドラマをリメイクしても美しい人と同じ役で

出演する俳優は、いないでしょう。

悪魔のカードは、悪魔側意思が人間側を通して表現されます。

公開消滅ドラマで、美しい人の友人のボスもコントロールが

出来なかった理由は、美しい人を消した側以上の存在が、

悪魔のカードの悪魔側であって、美しい人を消した側は、悪魔のカードの

人間側だったと読めば、意味が通じるのです。

sponsored link

美しい人を消した側に直接的に関わった側に対して

以下のようなメールを頂いています。

「捜査はあるのでしょうか?

美しい人を消した側は、良く無い知らせを受けると出ます。

単独で頑張るとも出ます。

しっぽとして切られるのかな?」

メールを下さった方が、どのような問いでどんなカードを展開したか

知りませんが、このタロット占いで言えば、美しい人を消した側は、

悪魔のカードの人間側では、ないのか?と感じているのかも知れません。

しかし、悪魔のカードの意図は、悪魔のカードの悪魔側にあります。

これが仮面の儀式を指示したのでは、ないでしょうか。

公開消滅ドラマなんて、発想が狂気の沙汰です。

百歩譲っても公開で行う性質上のものでは、ありません。

だからこそ、公開消滅ドラマ終了から美しい人が亡くなるまでの

タイムラグに思い切り、仮面の儀式を行ったのではないでしょうか。

それが、「このドラマの○○ッ○最高」という言葉に繋がる気がします。

何よりも、これが公開消滅ドラマは、美しい人の友人のボスもコントロールが

出来ない理由でしょう。

悪魔のカードの悪魔側は、メディアも正義もコントロール出来る

のかも知れません。

もし、悪魔のカードの悪魔側に悪魔のカードに人間側が尻尾扱い

されるならば、異なる悪魔のカードの人間側と交換されたタイミングです。

だから必死だったと読むことが出来ます。

悪魔のカードの悪魔と悪魔のカードの人間は、同じカードの中の話で

ありながら次元が同列では、ありません。

人間側は、悪魔のカードの悪魔側から見たら消耗品です。

悪魔のカードの悪魔側に切り離されたくなければ、頑張るしかありません。

sponsored link
error: Content is protected !!