美しい人が持っていた切り札を阻止するタイミングと声の先生(4から7枚目のカード)

1枚目のカード

ワンドの5の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

声の先生が伝えることで公開消滅の場が作られ始めたと読むことが出来ます。

ワンドの5の逆位置は、単体で読むとこの主張(5)は、自ら行う(ワンドの

カード)ことであり、誰かに向けられた創造的な意思表示です。

声の先生が美しい人が強行して海外に逃げてしまいそうだと美しい人を

消した側に伝えたと読みました。

2枚目のカード

ワンドの4の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

美しい人を消した側は、何らかの場(4)を作ろうとしたと

読むことが出来ますが、ワンドの4の逆位置ですから、思うように

美しい人をとどめる方法が見つからなかったのでしょう。

3枚目のカード

審判の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

2枚目のカード解説の段階で、かなりもめたはずです。

美しい人を消した側の現場は、考え方や価値観の違い大雑把に

見ても2分されたかも知れません。

しかし審判のカードは、マルセイユ版でもウエイト版であっても

天使一人に人間が三人います。

そして棺桶の中に、今から蘇るかも知れない亡くなったはずの

人間がいます。

つまり審判のカードデザインを見るだけでも五つの立場があります。

審判のカードの真髄は、死者も蘇らせるような天使の意思です。

これを現実的に言えば言い訳をするなと言うことです。

審判のカードは、願いが完成する世界のカードの一つ前です。

ここで現実の様々な矛盾点の責任にしてしまうと、どんなささやかな

願いであっても叶わないのです。

だからこそ天使は、死者すら起こす勢いでラッパを吹きます。

そして正位置ですから、死者があの世から戻って来たのです。

審判のカードの死者は、まだ遺体がありますから、幽霊ではなく

生きた人間として蘇ります。

このタロット占いで言えば、これを行ったのは、完全に強行派

みたいな存在でしょう。

5派閥あるとしたら、もっとも危険な考え方をする集団でしょう。

棺桶から蘇ったのは、サイ子以外にあり得ません。

言い方を変えれば、美しい人を消した側の集団からサイ子の方針に

付いていけない価値観の人たちは、去って行ったということでしょう。

そうでなければ、審判のカードの正位置では、ありませんし、美しい人を

消すことは、失敗したでしょう。

このカードを読んでサイ子のやり方に協力した他の集団にも5派に

相当する人たちがいたからこそ、完全に統制が取れなかったのだと

気が付きました。

その他の集団では、そのような人たちが組織を去る必要は、ありません。

嫌であれば消極的に協力すれば良いだけです。

それだけ、あまりにも多くの集団が協力することで美しい人は、自に

されたのだと読むことが出来ます。

やはり他を自に変えることは、大変なことなのです。

歌手だけでは、足りないと感じていたもう一つの大きなパイプは、

声の先生だったと読むことが出来ます。

このカードを公開すれば反発する人も多いと思いますが、そうでなければ、

繋がらな緻密さが美しい人を消した側にあります。

防音装置も何もかも無駄だったと読むことが出来ます。

美しい人の隠された意図を完全に読むことが出来るのは、声の先生だけです。

実際に美しい人を消した存在は、美しい人が意図したことを読み取るのは、

不可能でしょう。

4枚目のカード

節制の逆位置

4枚目は、対策カードになります。

本来の自分自身(声の先生)の目的を行うために、見落とさずに連絡

することが大切と読むことが出来ます。

節制の逆位置ですから、普通に読めば、、カードデザインの瓶の中身の

移し替え作業時に中身をこぼすと読みます。

ロスの発生です。

そのようなことがないように注意深く振る舞う必要があります。

声の先生が美しい人を好きという感情も節制が逆位置になる状況

ですから、この逆位置は、幅広く考える必要があります。

5枚目のカード

女教皇の正位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

このタロット占いの中心となる2枚目のカードと併せて読むと

美しい人は、何らかの約束に従って何もせずとも(女教皇の正位置)

自分自身が望む行動を選択出来たと読むことが出来ます。

恐らくこれは、かなり絶対的なものだった読みます。

美しい人が最後の主演シネマで誰とも接触出来ないようにしたのに、

これでは海外経由で、とてつもない知識や情報(女教皇のカード)が

開かれてしまう可能性があります。

女教皇のカードの女教皇は、誰かから刺激を受けて開きます。

美しい人を消した側は、この可能性を恐れたと読みました。

その時は、美しい人を消した側は、○ンキー側と調整が完全ではなく

やる気満々の美しい人を見せる訳には絶対にいかなかったのでしょう。

そうなると、どんなパイプを使っても役を引き継がせられなくなります。

そのような様々な圧倒的な知識・情報(女教皇の正位置)を持っていたから

絶対に阻止する必要がありましたし、美しい人は、それを目指して

それまで粘ることが出来たのです。

6枚目のカード

ソードの3の正位置

6枚目のカードは、声の先生の本音部分を表しています。

普通に読めば、何を省けば良いか分からないと読めます。

ソードの3のカードは、何かを妥協しないと生産性が生まれません。

もしかしたら個人的には、美しい人が好きだったのかも知れません。

7枚目のカード

コインの6の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

コインの6の逆位置は、単体では、不平等さを感じていたと読みましたが、

全体的に読むと声の先生は、選択する権利がない状態で動いていたと読みました。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

結局、サラッとした内容でアップしました。

個別のカードで掘り下げるかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!