靴と骨のタロット占い

読んだままストレートに書くことは、憚れるのですが、信頼出来る方の

アドバイスを頂き、前回読んだカードをもう少し整えてみました。

ほんの少ししか変わっていないかも知れませんが、当初から

読み取っていたことが、ほんの少しでも濃くなったのかも知れません。

しかしやはり必要以上に浮き上がるべきではないと思います。

他のタロット占いも併せて少しずつ工夫していけたらと思います。

1枚目のカード

ワンドの4の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

ワンドの4のカードは、何らかの創造的意思の特定の範囲を表しています。

ワンドの4の逆位置ですから、この件の利害関係に対して見込みのない

何かが蠢ている可能性があります。

蠢いていると言語化する理由は、このタロット占いのまとめ的なカード

である7枚目のカードが月のカードだからです。

月のカードですから、非日常的で尚且つ見えないところで利害関係に

関する当てにならないことが動いていると読むことが出来ます。

2枚目のカード

カップの4の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカード解説で「非日常的で尚且つ見えないところで利害関係に

関する当てにならないことが動いている何か」と書きましたが、

これが、何かを継続するか停止するか考えたと読むことが出来ます。

靴と骨をに関して継続か停止か扱いについて考えたのです。

3枚目のカード

隠者の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

1枚目のカードと2枚目のカードで読めるような範囲で、何かを

探求していたと読むことが出来ます。

いったい何を探求していたのでしょうか?

1枚目のワンドの4のカードは、何らかの創造的意思の特定の範囲を

表していますと解説を書きましたが、特定の創造的意思をどこの範囲に

するのか、探求していたということでしょう。

これが、当初から感じていた違和感の元凶でしょう。

どのような存在が探求していたのでしょうか?

4枚目のカード

ソードの5の正位置

4枚目は、「非日常的で尚且つ見えないところで利害関係に関する

当てにならないことが動いている何か」の対策カードになります。

1枚目のカードから、ここまで連続して読むと、短期的な利益を

求めたと読むことも出来ますが、ソードの5のカードは、誰にも

相談せずに判断した、そして、動いた可能性があります。

5枚目のカード

女帝の正位置

5枚目のカードは、本音部分を表しています。

この女帝のカードは、女性と読みました。

当初の状態に戻したと読みました。

これ以上は、割愛します。

6枚目のカード

カップの6の正位置

6枚目のカードは、「非日常的で尚且つ見えないところで利害関係に

関する当てにならないことが動いている何か」の本音部分を表しています。

この人に選択肢は、なかったと読むことが出来ます。

何らかの目的が上手くいったと読むことが出来ます。

本来、あるべき状態に戻ったと読むことが出来ますから、骨や靴が

戻されたと読むことが出来ます。

言い方を変えれば、この6枚目のカードは、この骨の主の気持ちと

読むことが出来ます。

では、上述の目的とは、やっと戻されたということだと読みました。

7枚目のカード

月の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

現実的には、正しくない取引とも読めますし、霊的なメッセージと

読むことも出来ますが、このタロット占いの中心となる2枚目の

カップの4の逆位置と併せて読むと動いてしまったことで、今から

驚くような問題が発生するかも知れません。

このタロット占いのカードを読んで、感じたのがカップの4のカードが

正位置であれば、全てが秘密のままだったはずなのに、何故、

動いたのでしょうか?

「非日常的で尚且つ見えないところで利害関係に関する当てにならない

ことが動いている何か(誰か)」が働きかけることで月のカードの世界で

誰かを刺激したのかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!