美しい人を消すために祭りごとを司るものたちが関わったのか?

1枚目のカード

コインのナイトの正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

コインのナイトの正位置ですから、目的のために動いたと

読むことが出来ます。

これだけで終わってしまいそうですが、次にいきます。

2枚目のカード

恋人の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカード解説で動いた結果を受け入れた(恋人の正位置)と

読むことが出来ます。

つまり1枚目のカードの時点で美しい人が消されたしまった状況が

発生していて、それを受け入れるための対策や段取りをして

社会的にしっかりと自として受容出来る体制を作ったと

読むことが出来ます。

3枚目のカード

戦車の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

戦車のカードですから、後は、2枚目のカード解説の状況を

推し進めるために突っ走っていくだけです。

この突っ走っていくという戦車のカードの方向性は、完全に

一方通行になっていて、白黒若しくは勝ち負けの基準が明確

ですから否定される側は、黙っていても危険かも知れません。

4枚目のカード

ワンドの6の逆位置

4枚目は、対策カードになります。

ワンドの6の逆位置ですから、お膳立てをしたら、後は協力しない

(ワンドの6の逆位置)と読むことが出来ます。

役割や立ち位置を考慮すると、至って当然なカードだと思います。

5枚目のカード

ワンドの1の正位置

5枚目のカードは、美しい人を消した側の本音部分を表しています。

祭りごとを司るものと関わることで新しいことが始まったと

読むことが出来ます。

6枚目のカード

ソードの10の正位置

6枚目のカードは、消した側に協力した祭りごとを司る側の

本音部分を表しています。

美しい人を消した側と手を結びことで状況が好転したと

読むことが出来ます。

何かしら厄介な仕事を処理してもらったのでしょうか?

取りあえずお互い様ということでしょう。

ソードの10のカードは、正位置であっても、その判断した結果

(一般的には、判断の最終段階なので思想)が実際の生活に

浸透していきますから、その結果を引き受けることになります。

7枚目のカード

ワンドのキングの逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ワンドのキングの逆位置ですから、権力者には、従った方が

良いということになります。

言い方を変えれば、逆らったら失敗するということでしょう。

ワンドのキングのカードは、一方的なタイプの人物像です。

後は野に放たれたということでしょうか。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

ランダムに引いても、こんなにすっきりした並びになるのには

感動しますが、状況は、絶望的です。

心臓の調子が悪い人がプリミティブな暴力性を扱うプロに依頼した

経緯が裁判の記録に残っています。

今さらと言えば今さらなのです。

誰のツイートなのか、リンク元が分からないのですが、陰謀論に

ついて以下の様に呟いていました。

「陰謀論という言葉は、自分の知識や理解を超えたことや、

認めたくない事実を打ち消してマウントを取るには便利な言葉なんだよ。

何百兆円という利権が絡む国際政治や金融経済は謀議だらけだよ。

そんなことが無いと考える方がどうかしている。

社会や世の中の現実に無知なのさ。」

心臓の弱い人は、胃腸も弱いのですが、しっかりと裁判の記録に

○○団に関わりが残っています。

証拠の念書は、封じられ、それを本にしたジャーナリストは

怪我をした上に販売差し止めです。

美しい人を消した側の背景も同じような力が働かない限り、簡単に

逮捕出来たはずなのです。

これをこっそりとするか、堂々とするかの違いが、これからの努力の

仕方次第で決まっていきます。

美しい人は、それに気付いたのでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!