不思議な株価の動き(美しい人のタロット占い)

美しい人の死とお金のタロット占いです。

1枚目のカード

正義の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

上場に関する審査は、審査する側とされる側が、当然、存在します。

逆位置ですから、正義のカードデザインの比較対象に審査する側が

干渉したのか、それとも放置したのかという逆位置の作用を

読むことが出来ます。

2枚目のカード

悪魔の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカード解説で「干渉したのか、それとも放置したのか?」と

読みましたが、悪魔のカードが正位置ですから、悪魔のカードデザインの

人間側を使って悪魔が干渉したと読むことが出来ます。

問題点が二つあります。

1、悪魔のカードデザインの悪魔側とは、誰なのか?

2、その悪魔側は、何のために干渉したのか?

3枚目のカード

ソードの7の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

カードの流れを読むと、このタロット占いの中心となる2枚目の

悪魔のカードの悪魔側に該当する人物は、現場の大変さを考慮せずに

躊躇もなく消した側の上場を進めるように悪魔のカードの人間側に

命じたと読むことが出来ます。

4枚目のカード

法王の逆位置

4枚目は、対策カードになります。

悪魔のカードの悪魔側は、3枚目のカードで大胆に動くことで

自由に美しい人を消した側をまるで、美しい人の口座のように

美しい人を消した側自体を自由に使えるようにしたと読むことが出来ます。

5枚目のカード

コインの9の逆位置

5枚目のカードは、悪魔のカードの悪魔側の本音部分を表しています。

とにもかくにもお金が必要ということでしょう。

復活のためには、いくらあっても足りないというイマジネーションでした。

6枚目のカード

ソードの1の正位置

6枚目のカードは、美しい人を消した側の本音部分を表しています。

もしかしたら、これまでの仕事に見切りを付けているのかも知れません。

これまで取り組んでいない業種(ソードの1の正位置)に関心が

あるかも知れません。

7枚目のカード

ワンドのナイトの正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

普通に読めば、悪魔のカードを読めば、美しい人を消した側は、

利用される側なので大変な状況に置かれているように見えますが、

大きなチャンスを得られる機会として捉えているようです。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

15分くらいで、ちゃっちゃと書きましたが、逆に余計なことを

書く暇がなくて、良かったかなと思います。

荒っぽいことしていると思います。

雑なことをすると必ずクラックがはっきりと残ります。

そんな印象のカードの並びです。

sponsored link
error: Content is protected !!