セカホシの収録は、6月で終わっていたのか(消すための準備期間)タロット占い

三浦春馬さんのタロット占いです。

セカホシの最終登板の収録時の三浦春馬さんとカネ恋の三浦春馬さんの

状態が異なり過ぎるので、二つの番組の収録と撮影の間隔は、多くの人が

思っているよりも、開いているのかも知れません。

1枚目のカード

ソードの4の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

小アルカナの「4」は、4種類、4元素に分かれます。

このタロット占いの1枚目のカードは、ソードのカードの4です。

知性、情報、判断等において限定された範囲を扱っていると

読むことが出来ます。

ソードの意味を広げ過ぎても読み難くなるので、情報に限定します。

1枚目のカードですから、この範囲(セカホシの収録やカネ恋の撮影)に

関する情報を誰かがコントロールしていた読むことが出来ます。

ソードの4のカードですから、何かを停止させることで影響力を

強くする意図があったのかも知れません。

そう言えば太陽の子のインタビューは、三浦春馬さんだけ他の二人と

異なる日に異なる場所で別撮りでした。

そう言った意味では、三浦春馬さんだけ前に進むことが出来なかった・

停止(4)と読むことが出来ます。

2枚目のカード

吊られた男の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

吊られた男のカードですから、頭の中だけですが、自由でとても

クリエイティブな状態です。

言い方を変えれば1枚目の小アルカナの「4」は、ソードが表している

情報だけで十分ということでしょう。

具体的に動くのではなく情報だけをコントロール出来れば良かったと

読むことが出来ます。

三浦春馬さんを主体に読めば、三浦春馬さんを動かさずに(1枚目の

ソードの4のカード)様々なアイデアを駆使して(吊られた男のカード)

三浦春馬さんが変化する空間があれば良いということになります。

現実の空間は、時間の経過がある程度なければ役に立たないものになります。

吊られた男のカードが有効に働くだけの、一定の時間があったのでしょう。

この2枚のカードの組み合わせは、特殊な情報の使い方をすることで

特別な空間(期間)を作ったと読める並びです。

しかも、その空間は、吊られた男のカードの非日常的なアイデアで

出来ていますから、特殊なものです。

この空間(期間)を使って三浦春馬さんの劇痩せが行われたのでしょう。

情報をコントロールした側に主体を戻せば、何らかの目的のために

(現象面では、三浦春馬さんが急激に痩せた)必要な時間を特殊な方法で

作ったと読むことが出来ます。

イマジネーション部分に対する助けとして、吊られた男のカードの

逆位置を単体で読むと辛い思いをすることで変化する様々な状態です。

一言で表現すれば、ピンチです。

ある人物の食事に対する投稿が多く見られたことを重ねると

食べられない状況の中で痩せたという変化と表面的には、結び付きます。

三浦春馬さんの食事に関する細やかな配慮を考えると外部からの影響に

よって、人相が変わるほど痩せたとしか思えません。

その特殊な空間と時間を作るために情報が、コントロールされた

と読みました。

3枚目のカード

カップのペイジの正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

これまでの流れで、カップのペイジの正位置を読むと、変わった仕事が

行われた読みました。

3枚目のカードは、2枚目のカードの結果ですから、このカップの

ペイジの正位置に当たる仕事がカネ恋なのかも知れません。

そうするとセカホシの収録を早目に終わらせて何らかの形で時間

(空間)を作り、カネ恋の撮影に必要な準備を三浦春馬さんにさせたと

読むことが出来ます。

私たちが見ることが出来るのは、痩せた三浦春馬さんとカネ恋だけ

ですから、何とも具体的な言語化は、出来ませんが、カードの並び

としては、1枚目と2枚目のカードが意味する辛い思いをして

三浦春馬さんが変化させられる時間(空間)が作られたという部分が

重要ポイントだと読みました。

4枚目のカード

ワンドの7の逆位置

4枚目は、三浦春馬さんを特殊な空間で変容させた側び対策カードになります。

何かが始まる前に目的を達成するための準備を行ったと読むことが出来ます。

この何かは、カネ恋だと読みました。

準備不足で焦っていた(ワンドの7の逆位置)と読むことが出来ますから、

それを補う時間を作り出す必要があったのかも知れません。

5枚目のカード

カップの6の正位置

5枚目のカードは、情報をコントロールして特殊な時間を

作った側の本音部分を表しています。

仲間と楽しく仕事をしたいと読みました。

この仲間は、カネ恋の出演者やスタッフだと読みました。

そうすると、特殊な時間(空間)を必要としたのは、あの人物の仕事の

ためかも知れません。

6枚目のカード

愚者の逆位置

6枚目のカードは、三浦春馬さんの深層心理を表しています。

可能な限り危険を回避したいということでしょう。

7枚目のカード

コインの5の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

三浦春馬さんが何もかも失ったと読みたくなりますが、このタロット占いの

問いの特殊性を尊重すると、このコインの5の正位置は、正しい順序が

狂った(コインの5の正位置)と読むべきでしょう。

コインの5の正位置は、金銭や地位の喪失ですが、そのような状況は、

年収が1億円あっても1億1千万円消費すれば赤字です。

年収が1千万円しかなくても1年間を500万円で暮らせば、500万円の

黒字になります。

つまり、赤字の人と黒字の人の違いは、その人なりの秩序が崩れたことに

よるものです。

時間には、もっと明確な秩序がありますが、それがおかしくなった

(コインの5の正位置)ということでしょう。

しかし時間の秩序を個人が変更することは、出来ませんから情報を

コントロールした(1枚目と2枚目のカードの解説)と読みました。

今の三浦春馬さんのソードのクイーン(光)へ

完全に消すための準備期間です。

このタロット占いは、三浦春馬さんの名前を出さずにちゃんと読んだままを

書きたかったのですが、それをすると何のカード解説なのかまったく

通じなくなるので泣く泣く三浦春馬さんのタロット占いにしましたが、

これも下げないといけないかも知れませんね。

sponsored link
error: Content is protected !!