茨城県水戸市出身の渡辺裕之さんの訃報のタロット占い

先ずは、渡辺裕之さんのご冥福をお祈りいたします。

渡辺裕之さんの死因が何故、わざわざ公表されたのか

かえって気になってしまってホロスコープを見てみました。

ガイドラインに反するような気もしますが、難しいことは、

ともかく生まれ時間不明なので正午計算でホロスコープ

ですから、トランジット的にも目立つものがなく、死因から

想像されるようなことは、分かりませんでした。

渡辺裕之さんのホロスコープは、初めて見ましたが、太陽と

ドラゴンヘッドが、コンジャンクションしています。

簡単に言えば、自分自身の目標に邁進していくタイプの人ですし、

この上なくポジティブな自我を持っていると読むことが出来ます。

水星もコンジャンクションしているので、目的に特化した知性を

働かせ易く、そうそう簡単に、目的以外の考えが入って来るタイプ

では、ありません。

ただ生まれ時間が分からないので全体的に、どのような感じに

なるのかは、さっぱり不明です。

生まれ時間が不明なので、タロットカードを引いてみました。

その結果、このタロット占いの主体は、渡辺裕之さんではなく、

あくまでもタロットカードの並びの中で読み取った相手が主体に

なっていました。

ですから渡辺裕之さんの訃報に関する占い記事ですが、渡辺裕之さんが

主体ではないつもりで読んで頂くと意味が取り易いかも知れません。

ポイントは、3枚目のカードかも知れません。

渡辺裕之さんは、時をかけるバンドに出演していたそうです。

音楽は赤い公園が担当されていたそうです。

三浦翔平も出演されていました。

1枚目のカード

ソードの6の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

渡辺裕之さんの死に関して異なる価値観や選択肢の両立を図ろうと

試みたのかも知れませんが、逆位置ですから、なかなか大変だった

可能性があります。

2枚目のカード

カップの8の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

カップのカードですから、極近い人間関係が関わっている可能性があります。

しかもカップのカードの「8」なので、家族関係のような閉じた人間関係が

このタロット占いの主体に大きく関わっている可能性があります。

3枚目のカード

ワンドの7の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

1枚目のカード解説で異なる価値観や選択肢の両立を図ろうとしたと

読みましたが、ワンドの7のカードなので、それぞれの意思を貫くために

まったく予想外の展開になったことが、今回の渡辺裕之さんの死に

繋がったと読むことが出来ます。

そして、もう一つ気になるのは、この3枚のカードの並びだけを

すっと読むと、もしかしたら、あっと驚くような、真相が横たわっている

かも知れないと読むことが出来ます。

まさに、どんでん返しの可能性を秘めた並びです。

それが何なのかは、具体的に、ここで表現する言葉を持ち合わせて

いないので何も書きませんが、思いもよらない背景があるかも知れません。

4枚目のカード

世界の正位置

4枚目は、対策カードになります。

3枚目のカード解説で、それぞれの意思を貫くために予想外の展開になったと

読みましたが、世界のカードの正位置ですから、そのどちらかが満足したことと

渡辺裕之さんの死が繋がっていると読むことが出来る並びです。

純粋にカードだけを読んでいるので、これが何を意味しているのか、具体的に

説明することは出来ませんが、最終的に渡辺裕之さんが亡くなっていますから、

この世界のカードの正位置は、別の人が満たされたことを意味しています。

そして、もう一つ大切なことは、1枚目のカードから3枚目のカードの一連の

流れは、この世界のカードの正位置で終わったと言うことです。

言い方を変えれば、1枚目のカードから3枚目のカードの目的が

渡辺裕之さん○○○○○○○○と言うことになります。

5枚目のカード

魔術師の逆位置

5枚目のカードは、渡辺裕之さんの本音部分を表しています。

何かしら新しい試みをしたかったのかも知れませんが、2枚目の

カード解説に書いたような閉じた人間関係を考慮せずに、それを

行おうとしてもめていた可能性があるかも知れません。

6枚目のカード

コインのペイジの逆位置

6枚目のカードは、4枚目のカード解説で書いた人物の本音部分を表しています。

コインのペイジの逆位置は、世の中のことに詳しくないと言う意味がありますが、

これには、二通りの意味があります。

本当に詳しくないのが一つと一般的な価値感と異なる思想感情に埋没している

ような場合です。

そもそも価値体系が異なるので、一般的な意味での世の中のことに従う必要性が

時として無いのです。

7枚目のカード

コインの6の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

コインの6の正位置ですから、そのまま読めば取引の成功です。

このタロット占いの主体は、渡辺裕之さんではなく、あくまでも

タロットカードの並びの中で読み取った相手が主体になっているので、

その人物が誰かと行った取引が成功したという読み方になります。

sponsored link
error: Content is protected !!