匂わせコンビを通して読む美しい人や夢拾い人のタロット占い

匂わせコンビは美しい人や夢拾い人の死にどのように繋がっているのか?

という問いのカード解釈ですが、夢拾い人を通して読んでいます。

しかし、その結果は、十分に美しい人の件も類推出来るものです。

そのような理由で美しい人のタロット占いにカテゴライズされています。

1枚目のカード

コインの7の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

何かを流通させること(コインの7のカード←1枚目のカード)で

情報を拡大(ソードの4のカード←2枚目のカード)させようと

していますが、両方のカードとも逆位置です。

そのような試みが過剰になったり、制約がかかったりします。

2枚目のカード

ソードの4の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカード解説でソードの4のカードを情報の拡大と

書きましたが、それまで伸ばして来た個人的な思考を停止(4)

させることで、その情報は、拡大していきます。

言い方を変えれば、このような情報には、ひな型みたいなものが

どこかに存在するということになります。

「こういう匂わせをやれ」と命令みたいなものがあると読みました。

関係性によっては、注文みたいなことかも知れません。

3枚目のカード

カップのペイジの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

時系列的に最後のカードである3枚目のカードがカップのペイジの

逆位置ですから、匂わせは、対等な関係性ではなく上下関係があると

読むことが出来ます。

それが依頼であれ、命令であれ、その相手に匂わせコンビが

依存している(カップのペイジの逆位置)と読めるからです。

4枚目のカード

ワンドの7の逆位置

4枚目は、対策カードになります。

当たり前に思えるかも知れませんが、ワンドの7のカードですから

匂わせコンビの存在は、匂わせる相手がいなければ成り立たないことを

表しています。

「7」は、オポジションの関係・向き合う相手がいなければ

成立しません。

しかし逆位置ですから、匂わせコンビにとって、匂わせ依頼を

している存在は、戦って勝てる相手では、ありません。

対策内容としては、柔軟に対応するということになります。

5枚目のカード

力の逆位置

5枚目のカードは、匂わせコンビに匂わせを命じている存在の

本音部分を表しています。

命令を行う何らかの枠組みがあって、それに基づいて検討され

匂わせのテーマを決めていると読むことが出来ます。

しかし逆位置ですから、それを自分自身で考えたり、行うことは

面倒くさいと読むことが出来ます。

面倒くさいと表現すると出来の悪い存在みたいですが、自分自身は、

コントロールする立場であって、そのようなことをするのは、

力のカードの獣(本能)部分ということなのでしょう。

6枚目のカード

カップの3の逆位置

6枚目のカードは、匂わせコンビの本音部分を表しています。

カップの3のカードは、喜びを表しているカードですが、逆位置ですから

依存的になりますから、美味しい思いがしたいと読んで良いと思います。

働いているわけですから、当然、何らかの形でご褒美があるのでしょう。

7枚目のカード

カップのクイーンの正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

何らかの価値感の世界で親切な存在であろうとするのが、カードの

クイーンのカードであり、しかも正位置です。

他人の死をいじり倒すことが美しい世界?何ですか、それ?と

言った感じですが、敵と認定した相手を徹底的に蔑む教えを持つ

世界であれば、匂わせコンビの行為は、素晴らしいと評価されます。

このような教えを持つ具体的な世界があるならば、まさにそれ

ということでしょう。

そうなると匂わせコンビは、その世界の出先機関みたいな働きを

していることになります。

そのような世界と夢拾い人には、接点があると読みました。

このタロット占いの中心となる2枚目のカードと4枚目の

対策カードを併せて読むとターゲットを取り込むことが目的である

と読むことが出来ます。

取り込みに失敗した場合は、消化吸収が不可能ですから

咀嚼された後に吐き出されてしまうことで再生不可になると

いうことでしょう。

そう言った意味では、匂わせコンビの役割は、ある種のカウントダウン

なのかも知れません。

消化され吸収される過程もカウントされると読みました。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

今回のカードで美しい人の件にある教えが関わっていることがやっと

確実になりました。

もしかしたら、「えっ、今頃」と思われるかも知れませんが、カード

だけを継いでいるので、やっとここでカードが繋がりました。

これには、重大な意味があります。

ここから先の世界のカードを言語化することは、陰謀の世界を

言語化していくことになりますが、仮に読んでも言語化する技術を

どうすれば良いのか、謎です。

sponsored link
error: Content is protected !!