美しい人の告発と美しい人の死の真相を闇に送り込む側のタロット占い

美しい人のタロット占いについて書いています。

美しい人が何故、亡くなってしまったのか?

月の半ばに考え込んでしまう人は、多いと思います。

マクラで苛められることは、あっても消すことにまで

至る理由には、足りない読んでいます。

美しい人を消した側の背景にある途轍もなく大きな闇を癒す仕組みを

取り上げるようなことだから、このようなことになってしまったと

読んでいます。

1枚目のカード

コインの1の正位置

1枚目のカードは、美しい人の死の真相を闇に送り込む側の

過去や動機を表しています。

美しい人を消した側は、様々なことを試しながら世の中をコントロール

しようとしている存在たちを癒す仕組みやルールを作ろうとしていた

と読みました。

そのような癒しに依存することの是非は、精神的な何かが目覚めない

限り、本能部分に働きかけることが最も手っ取り早い癒しでしょう。

これに男女の差は、ないでしょうし、もっと複雑なニーズを抱えていても

本能部分に対して個人の好みや癖を通してアプローチ出来る環境は、

とても魅力的なものだったと読むことが出来ます。

愛を物(コインのカード)で扱う発想ですが、具体的な成果(コインの

カード)を平等に扱うシステムは、コインの6のカードですから

様々な組織の集合体としてまとめるためには、シンプルな方が

都合が良いのでしょう。

美しい人が消えた事実を見えない世界に送り込もうとしている側は、

様々な分野に勢力を拡大しています。

言い方を変えれば、バラバラに点在しています。

これを象徴的にまとめるものを構築し始めたタイミング(コインの1の

カード)に美しい人は、何かと関わりを持ってしまったと読みました。

コインの1のカードですが、魔術師の4分の1(小アルカナの四つの

スート)と考えれば、美しい人が引き込まれる以前から、試行錯誤は

なされていたと読むことが出来ますが、美しい人を死を隠す側に

参加する多くの組織の象徴的な仕組み(不動産込み)のスタートでも

あったはずです。

恐らく、世の中を支配しようとする側に参加する存在にとってを、

癒す仕組みのシステムは、何十年も前からあったはずでしょうが、

非常に不安定なものであり、価値感の異なる人たちに暴露される

危険性のあるものでした。

もし安全で確実に支配者層のニーズに応えることの出来る仕組みが

あれば、お金は、持っていますから癒しを求めて惜しげもなく

支払うでしょう。

安全性が配慮され、こそこそとすることなく、尚且つ洗練された

システムを不動産込みで作り上げるコインの1のカードだと読みました。

もちろん、このような言語化は、これまでの何百にも及ぶ積み重ねが

反映されたものであり、1セットだけでここまで、1枚のカードを

読むことはありません。

2枚目のカード

カップの10の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

カップの10のカードですから、美しい人の死の真相を闇に送り込む側に

満足をもたらす仕組みを形にして示すタイミングだったと読むことが出来ます。

しかし逆位置ですから、タイミングがずれた可能性があります。

もしかしたら、これが美しい人の影響かも知れません。

タイミングが美しい人の影響でずれそうになったのか、後々、そのような

タイミングが訪れる可能性を憂慮したのかも知れません。

3枚目のカード

ソードの9の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

普通であればソードは、情報ですから美しい人がsnsで定期的に長期に

渡って中傷されていましたが、その程度で済むのですが、美しい人の死の

真相を闇に送り込む側のスケールがあまりに大きいので消されてしまった

ということなのかも知れません。

4枚目のカード

ソードのキングの逆位置

4枚目は、美しい人の死の真相を闇に送り込む側の対策カードになります。

どのような手段を使っても(ソードのキングの逆位置)、この仕組みは、

稼働させるし、明かされることがあってはいけないと読みました。

5枚目のカード

力の正位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

何らかの良い機会に遭遇したことで美しい人にとっての正義を行使

出来るような状況があったと読むことが出来ます。

美しい人は、自分自身の意思を通したいと読みました。

美しい人の死の真相を闇に送り込む側と美しい人を比較すると

美しい人は、相対的には、圧倒的な弱者です。

だからこそ、改革志向(力のカード)と読みました。

細かい点を説明するとマルセイユ版は、11番目の大アルカナの

カードであり、11番目は、反抗とビジョンです。

美しい人が庇いたかった存在は、美しい人と比較して、また弱者と

読むことも出来ます。

まさかとは、思いますが子供を見たのでしょうか?

6枚目のカード

女帝の正位置

6枚目のカードは、美しい人の死の真相を闇に送り込む側の

本音部分を表しています。

生産活動をあげたいと読みました。

この仕事に対して満足していると読むことが出来ます。

7枚目のカード

コインの6の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

美しい人の死の真相を闇に送り込む側の作りたい仕組み(不動産込み)は、

とても不平等(コインの6の逆位置)なシステムと読みました。

この不平等さは、恐ろしいほどの搾取かも知れません。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

美しい人の真相が闇に送り込まれる理由は、10シマなのかa3なのか

くらいの問いでカードを引きましたが、読んでいる途中で美しい人が

告発しようとしていたと読めました。

sponsored link
error: Content is protected !!