直虎のタロット占い

1枚目のカード

節制の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

決定的な価値観の違い(節制の逆位置)があることが動機だったと

読みました。

3枚目のカードがソードの2のカードですから、この何らかの

価値観をどのように扱うか探していると読みました。

言い方を変えれば、直接的に直虎を否定出来ない事情がある

ということでしょう。

2枚目のカード

カップのキングの逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

この2枚目のカードを状況や環境と読ますに、個人若しくは、法人と

読みました。

直虎に何らかの理由で損害を与えたい意図がある個人若しくは、法人

(カップのキングの逆位置)と読みました。

3枚目のカード

ソードの2の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

直虎を否定するポイントを変更したと読むことが出来ます。

しかしソードの2の逆位置ですから、強い葛藤を感じていると

読むことが出来ます。

4枚目のカード

ワンドの7の正位置

4枚目は、直虎を否定した側の対策カードになります。

けっこうな強気です。

1枚目から3枚目のカードえ読んだように直虎を否定することは

難しい状況なのに、それでも試みようとしています。

何故、面倒くさいのに取り組まねばならないのか、気になる

ポイントです。

5枚目のカード

コインの4の正位置

5枚目のカードは、直虎の本音部分を表しています。

自分自身の利益を守り、正しく物事に取り組むだけと読みました。

6枚目のカード

女帝の逆位置

6枚目のカードは、直虎を否定したい側の本音部分を表しています。

直虎を否定したい側は、自分自身の価値観を直虎以外にも注ぎたい

(否定している)と読むことが出来ます。

ターゲットは、直虎だけでは、ないようです。

そして直虎を直接的に叩くは、難しい側面があると読みました。

7枚目のカード

吊られた男の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

直虎に自分自身の価値観を注ぎ込むための準備段階と読むことが出来ます。

今後を見据えているということでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!