わたしを離さないで

1枚目のカード

ワンドのキングの正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

イマジネーションにそぐわないかも知れませんが、美しい人を

消した側にとって他者に先駆けて、携わってきた(ワンドのキングの

正位置)と読むことが出来ます。

火の元素は、失われたエネルギーを補充し、落ち込んだメンタルには、

精神に高まりを創り出します。

ワンドのキングですから、そのような効果を最も強く創り出す人物

若しくは、手段ということでしょう。

2枚目のカード

カップのキングの正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ニーズがあれば全力で応える個人又は法人、法人みたいなもの

(カップのキングの正位置)と読みました。

重要ポイントは、ニーズの種類でしょう。

3枚目のカード

ワンドの3の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

一般的なヘキサグラムスプレッドは、過去・動機、現在、未来と

1枚目から3枚目のカードを読みますが、今回のタロット占いは、

正体を読んでいるので、少し変更しています。

ワンドの3の逆位置とイマジネーション部分の暗い感じは

1枚目のワンドのキング正位置の手段にしろ、その動機が目指す

先には、何の未来もないのかも知れません。

4枚目のカード

ワンドの2の正位置

4枚目は、対策カードになります。

他者に対して力を行使する(ワンドの2の正位置)と読むことが出来ます。

ワンドの2のカードの影響力の特色は、何もない状態(それぞれ平和な状態)

の対象に故意に騒ぎを起こすようなことです。

それが活気を生む場合もありますし、災いになる場合もありますが、

少なくとも起こす側にとって正位置は、有意義な行動でしょう。

5枚目のカード

ワンドの10の正位置

5枚目のカードは、4枚目のカードで読んだ災いを起こす側の

本音部分を表しています。

イマジネーション部分と併せて読むと、大きな負担を感じる仕事と

読むことが出来ます。

6枚目のカード

塔の逆位置

6枚目のカードは、4枚目のカードで読んだ災いを起こされる側の

本音部分を表しています。

回復不可能なダメージ(塔のカードの逆位置)を負うと読むことが出来ます。

7枚目のカード

ワンドの4の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

目的に対しては、完全にやり遂げてきた(ワンドの4の正位置)と読みました。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

かなり淡白な読み方に見えるかも知れませんが、百足構造の重要な部分に

美しい人は、何らかの形でコミットさせられているのでは?と言うことで

わたしをはなさないでというゾーキの視点でカードを引いてみました。

蟻が歩く先に巣があります。

sponsored link
error: Content is protected !!