高岡蒼佑さんは、三浦春馬さんの件に関してどのように理解しているのか(タロット占い)

sponsored link

高岡蒼佑さんに関するツイートを見てカードを引いてみました。

1枚目のカード

コインの9の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

目的を達成するためには、特別な方法、特殊な手段等(特殊性は、

目的に対するニーズの内容次第)を容認すると読みました。

2枚目のカード

コインのペイジの逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

コインのペイジの正位置ならば、目的に対して実直にコツコツと

取り組みますが、逆位置ですから、そのようなアプローチではなく

効率重視の対応になります。

効率的な方法を逆算することを言い方を変えれば、「計算高い」

(コインのペイジの逆位置)と読んでも良いかも知れません。

3枚目のカード

ワンドの6の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

信頼関係で結ばれることはない(ワンドの6の逆位置)と読みました。

ワンドの6のカードですから、信じて一緒に命懸けで取り組むことは

出来ないということでしょう。

1枚目、2枚目のカードともコインのカードなので、具体的な目的

であり、仕事で具体的なことが最も実際的に集約されたものが、

取引(契約)であり、それに伴う報酬(金銭的なもの)でしょう。

4枚目のカード

女帝の逆位置

4枚目は、対策カードになります。

女帝のカードの読み方は、本当に人様々だと思います。

もちろん、大アルカナの3番目のカードですから生産性に関する

ことを担っていますが、カードデザインから読む部分も大きいでしょう。

女帝のカードのデザインの女性と仕事の生産性(今回は、コイン続き)

で読むと逆位置であれば何となく続いてきたやり方で仕事をしている

と読むことも出来ますし、恨みや妬みが横行していると読むことも

出来ます(女帝のカードの逆位置)。

対策内容としては、誠実に中身のある仕事をすることになりますが、

このタロット占いの中心となる2枚目のカードがコインのペイジの

カードですからコツコツと誠実に努力することでしょう。

sponsored link

5枚目のカード

ワンドの1の正位置

5枚目のカードは、三浦春馬さんの深層心理を表しています。

これからの人生に期待していた(ワンドの1の正位置)と読みました。

ワンドの1のカードは、まだまだ具体的なことは、決まっていませんが

スタート地点でワクワクしている状態と読むことが出来ます。

具体的に取り組むことが決まっているのは、コインの1のカードです。

6枚目のカード

ソードの4の逆位置

6枚目のカードは、高岡蒼佑さんの本音部分を表しています。

三浦春馬さんは、もう自分自身を守るための術がなかった

(ソードの4の逆位置)と考えているのかも知れません。

ソードの4の逆位置ですから、三浦春馬さんが、モチベーションを

キープすることが難しい環境にあったという理解の仕方をされている

かも知れません。

ソードの4のカードの本質は、何もかも解決するためには、

あらゆる面で動きを止めてしまうしかないということです。

ですから、突き詰めて読めば、三浦春馬さんも引退するか、

若しくは、消えてしまうしかなかったと読みました。

ただ三浦春馬さんは、辞めたくても辞めさせてもらえなかった

という時期もあったようです。

三浦春馬さんに関しては、マルセイユ版で読んでいますが、

ウエイト版のカードデザインであれば、もっと究極的な解決策

しかないと読むことが出来ます。

気になる方は、確認して下さい。

7枚目のカード

ソードの8の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ソードのカードは、風の元素で知性です。

それが8で圧縮されている状態ですから積み重ねられて、信念のような

状態と読むことが出来ます。

逆位置ですから、それが壊れた(壊された)と読むことが出来ます。

高岡蒼佑さんは、三浦春馬さんがソードの8の逆位置の状態に

なったと思っているのかも知れません。

今の三浦春馬さんのソードのクイーン(光)へ

高岡蒼佑さんのインタビュー内容と異なる読み方になりますが

1枚目の動機のカードとまとめ的なカードを併せて読む(9→8)と

高岡蒼佑さんは、何らかのやり残したことに取り組みたいと

感じているのかも知れません。

高岡蒼佑さん自身が味わった悔しさを三浦春馬さんのことを

語ることで乗り越えたい(ソードの8のカード)のかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!