ベラビスタとインスタ予言の秘密

美しい人のタロット占いで104マと同じ構造の場が

全国各地にあると読みましたが、まさかの尾道にも

あるとは、思いませんでした。

どこのページにカード展開を書いたかは、思い出せませんが

このような施設は、複数と読みましたから、まだまだどこかに

あると言うことでしょう。

大アルカナ、小アルカナ含めて6から0の並びのカードが

出ましたから、理由は、それぞれの元素によって複数パターンが

あるでしょうが、そのような場を用意する側から見れば、

そのような場に参加することで(出会いの6)、運命がリセット

される(0)と読みました。

0は、愚者のカードしかありません。

そして愚者のカードのリセットパワーは、とても強いものです。

世界を変えてしまいます。

リセットを表現するのは、愚者のカードですが、実際に場の力を

発揮するのは、現実のエリアです。

瀬戸内海に集中しているのは、気のせいでしょうか?

6は、大アルカナであれば恋人のカードですが、結び付くと言えば、

結婚が最たるものです。

新規の流れを生み出す作用があります。

もう一つ気になるところは、9と2の組み合わせです。

一般的な知識では、読むことが出来ないものが2ですが、それは、

2を客観的に見れば常にその人や物事は何かとの比較において

評価が決まることを表しています。

しかし、それでは、使いものにならないのである価値観から

アプローチして、その特定の立場からコントロール可能な情報を

作り出します。

このようなやり方は、美しい人のタロット占いで読み解いてきた

ことを簡潔に具体的に理解させてくれます。

美しい人のタロット占いは、通常の読み方が役に立たない種類の

ものですから、言語化がとても抽象的になります。

どのような方法で美しい人の周囲を削っていったのか謎でした。

あまりにも数が多いからです。

2には、直接的な行動力は、ありませんが美しい人をがんじがらめに

したのは、情報です。

監禁状態にしない限り、人は、基本的に自由に行動します。

しかし、そんなことを不法に長期間行うことは、無理です。

ですから情報を把握する、コントロールするという形で行います。

9→2のシステムで普通では、知り得ないはずの美しい人の情報を

吸い上げる仕組みを長期間かけて作っていったと読むことが出来ます。

恐らくは、有吉弘行さんの結婚式も尾道ですから6→0(出会いリセット)、

9→2(普通では、知り得ない情報を知る)が同じように働いている

かも知れません。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

まだまだ様々な組み合わせをスキャミング中ですが、このような

感覚的な読み方は、気付きがあった時点でいったん止めるのが一番です。

この辺りのエリアに、何か重要なものがあるのでしょうか?

もう一つのスキャミングは、10→15です。

有吉弘行さんは、毒舌という特有のカラーを伸ばすことで、境界線を

超えて9→2(普通では、知り得ない情報)アクセス出来ることで

力を得たのかも知れません。

その結果、自分流で動ける(10→15)と読みました。

美しい人が亡くなる前後辺りから予言する頻度の多さやそれに伴う結果が

近くなっていますから、それだけ、この個性が増し、それが発揮出来る

状況が加速度的に出来上がっていきつつあると言うことでしょう。

もしかしたら、有吉弘行さんは、遠いところ(この場合は、瀬戸内海?)に

繋がる特定のパイプ(17→3)を持っているのかも知れません。

言い方を変えれば、東京にいても、それを受け取る場所があるという

ことかも知れません。

静岡や新宿は、まったくの別なのでしょうか?

セクシャルなことに関する癖が強いと満たすことに苦労する点を

巧みに付く部分もあるのかも知れませんが、乙武洋匡さんのように

真剣で深刻なニーズを抱えている人物も美しい人の件に関わっている

可能性もあります。

このような件と結婚と一様に並べることは、出来ませんが、そのような

相性やニーズも重要であることは、同じです。

瀬戸内海に何かあるのでしょうか?

sponsored link
error: Content is protected !!