松田聖子さんと岡田有希子さんのタロット占い

1枚目のカード

ソードの1の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

ソードの1の逆位置ですから、松田聖子さんと岡田有希子さんどちらか、

若しくは、その両方が進展しない恋を抱えていたと読むことが出来ます。

2枚目のカード

太陽の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

太陽のカードですから、松田聖子さんと岡田有希子さんどちらかが

自分自身の顕在意識側と正反対の価値観を用いることで恋を

叶えたと読むことが出来ます。

今回のタロット占いは、特殊性が高く松田聖子さんと岡田有希子さんの

両者を主体に読むしかないので、どちらかと言うのは、読んで下さった

方のカードの読み方にお任せします。

3枚目のカード

悪魔の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

この3枚目のカードは、当然、2枚目の太陽のカードを受けていますから

松田聖子さんと岡田有希子さんのどちらかが、自分自身がそれまで

持っていなかった力を使って、松田聖子さんと岡田有希子さんどちらか

よりも、自分自身の人生全般(恋含む)をコントロール出来るようになった

と読むことが出来ます。

さて、ここで問題です。

1枚目のカードから3枚目のカードまで全て逆位置です。

このタロット占いの主体が、松田聖子さんと岡田有希子さんのどちらであれ

何らかの弱味(悪魔の逆位置)を握られたと読むことが出来ます。

2枚目の太陽の逆位置に関しては、恋の成就にかなりの資金が

必要になったと読むことが出来ます。

これは、そもそも進展しないはずの恋(1枚目のソードの1の逆位置)を

無理に進めたと言うことでしょう。

4枚目のカード

ソードのペイジの正位置

4枚目は、対策カードになります。

松田聖子さんと岡田有希子さんどちらかの対策カードになります。

何かの調査(ソードのペイジのカード)をしたのでしょうが、重大な

見落としがあったと読むことが出来ます。

2枚目の太陽のカードの逆位置で解説した、恋を叶えるために

利用した正反対の価値観の中身について精査し尽くしていなかった

と言うことでしょう。

言い方を変えれば、その場(タイミング)を何とか乗り切ってしまう

差し迫った事情があったと読むことが出来ます。

5枚目のカード

ソードの8の正位置

5枚目のカードは、松田聖子さんと岡田有希子さんどちらかの

本音部分を表しています。

自分自身の恋に対して強力な敵がいた(ソードの8の正位置)

と言うことでしょう。

この敵の強さの度合いは、太陽のカードからの悪魔のカードの

流れに相当するかなりのものでしょう。

6枚目のカード

カップの5の正位置

6枚目のカードは、松田聖子さんと岡田有希子さんどちらかの

本音部分を表しています。

松田聖子さんは、生きていらっしゃいますが、岡田有希子さんは

かなり以前に亡くなられていて、これだけの時間の幅を一度に

読むのは、難しいですし、このタロット占いを読んで下さる方も

理解し辛い時間軸になると思いますが、このタロット占いの主体は、

何らかの後悔をしていると読むことが出来ます。

7枚目のカード

ワンドのキングの正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

この恋愛は、松田聖子さんと岡田有希子さんの二人と繋がりのあった

男性側主導で起こったこと(ワンドのキングの正位置)と読むことが出来ます。

だからこそ、公で頭を下げさせられたのかも知れません。

そう考えると腑に落ちるものがあります。

sponsored link
error: Content is protected !!