美しい人の真っ赤な世界は、軽井沢と関係あるのか?

sponsored link

1枚目のカード

カップのクイーンの正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

カップのクイーンの正位置ですから、美しい人は、誰かに対して

(特に弱者や困っている人に対して)愛情をかけて大切にしたい

という動機だと読みました。

このカードを軽井沢の地下室だけで読んだ場合

弱者に対して愛情をかけていた(カップのクイーンの正位置)と

読んで良いと思います。

どのような弱者かは、イマジネーション次第ですから、カードの

範囲を超えるので割愛します。

2枚目のカード

ワンドの5の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

美しい人は、活発に他者とコミュニケーションを取ったと

読むことが出来ます。

この他者とは、連続不審死の方たちでしょうか?

それとも、また別の方たちなのでしょうか。

このカードを軽井沢の地下室だけで読んだ場合

美しい人の視点を省いて読むとここでかなり変わって来ます。

ワンドの5のカードの活発なコミュニケーションの相手が

1枚目のカップのクイーンの正位置の弱者側である可能性が

ありますから、かなり好き放題振る舞っていたと読むことが出来ます。

ワンドの5のカードの自己主張には、遠慮がありませんし、それが

弱者に向けられれば、そういうことになるでしょう。

3枚目のカード

正義の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

活発なコミュニケーション(ワンドの5の正位置)を通して、今までに

ない道筋を作り出そうとしたのかも知れませんし、その問題に関する

困難さに対して慎重に議論を尽くしたと読むことが出来ます。

このカードを軽井沢の地下室だけで読んだ場合

そもそも、このタロット占いの中心となる2枚目のカードのワンドの

5のカードに限らず「5」には、防御的な意味があります。

ワンドの5のカードの意味自体、かなり激しい自己主張(自由闊達)ですが、

続くのが正義のカードですから、守り(守秘義務)の観点から慎重に

なったのかも知れません。

sponsored link

4枚目のカード

カップの2の正位置

4枚目は、対策カードになります。

最初は、美しい人込みで読みます。

誰か(この場合は、個人よりも団体)と協力すること(カップの2正位置)

と読んだ方が良いかも知れません。

このカードを軽井沢の地下室だけで読んだ場合

新たな協力関係をどこかで結べたと読みました。

5枚目のカード

ソードの7の逆位置

5枚目のカードは、1枚目のカップのクイーンの正位置の解説で読んだ

弱者の本音部分を表しています。

美しい人側に対してもこのカードを軽井沢の地下室だけで読んだ場合でも

他者を信じられない(ソードの7の逆位置)と読みました。

6枚目のカード

ソードのナイトの逆位置

6枚目のカードは、美しい人側とこのカードを軽井沢の地下室だけで

読んだ場合では、ニュアンスが変わってきます。

美しい人であれば、建設的な意味で変化させる必要がある(ソードの

ナイトの逆位置)と読むことが出来ます。

このカードを軽井沢の地下室だけで読んだ場合

同じように変化しなくてはならない(ソードのナイトの逆位置)であっても

自分たちを守るためでしょう(2枚目のワンドの5のカード)。

7枚目のカード

コインの3の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

美しい人とこのカードを軽井沢の地下室だけで読んだ場合で

まったく読み方を変えてしまうと、同時読みにそぐわないので

両者の読みを尊重した上で共通する言語化を選択すると、取り組みの

継続が困難になる(美しい人は、なった)と言うことでしょう。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

現在、美しい人のカードを順番通りに読むカードマラソンも同時に

行っていますが、月のカード(美しい人にとっての美しい人の母親の

無意識側・真っ赤な世界)を掘り下げるために軽井沢も読んでみました。

ベラビスタのように全国各地に点在しているものが、やはり、ある程度

一カ所に集約されていくのでしょうか?

sponsored link
error: Content is protected !!