国力や国民全体という言葉が怒りを買ったのか?

単なる妨害ではなく、かなり残酷な扱いをした状況に「恨」を

感じる人は、けっこう多いと思います。

その理由についてカードを引いてみました。

1枚目のカード

カップの7の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

「7」ですから、カップ(水の元素)限定ですが、アクティブな要素が

あったと読むことが出来ます。

カップですから気持ちと言うことになります。

2枚目のカードがカップの6の正位置ですから、三浦春馬さんの言葉に

相応しい環境や相手が反応したと読むことが出来ます。

2枚目のカード

カップの6の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカードで相応しい相手や環境と書きましたが、このカップの

カードは、逆位置ですから引き寄せるものは、深く考えるよりも、

感情のままに何かを決めたり、したりしたと読むことが出来ます。

問題は、1枚目のカップの7の正位置です。

三浦春馬さん側が三浦春馬さんを積極的に下げる側を引き出すまで

動いた側面があると読むことが出来ます。

もし、これがこのタロット占いの問いを立てた通り、国力や国民全体

と言うこと言葉に引き寄せられたのなら、このようなキーワードに

過剰反応するタイプだと言うことになります。

もっと大切なことですが、言い方を変えれば、三浦春馬さんは、

そのポイントに関して危機感を伝えたかったと言うことになります。

3枚目のカード

ソードのキングの正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

三浦春馬さんは、自分自身の判断に確信があった(ソードのキングの正位置)

と読むことが出来ます。

4枚目のカード

ソードの10の逆位置

4枚目は、三浦春馬さんの対策カードになります。

2枚目のカード解説で書いた対象となる相手に詳しい人に

対策を相談することが対策内容になります。

5枚目のカード

ワンドの10の逆位置

5枚目のカードは、三浦春馬さんの言葉に反応した側の

本音部分を表しています。

三浦春馬さんに対する感情が常軌を逸して乱暴になっていく

(ワンドの10の逆位置)と読みました。

6枚目のカード

カップの5の正位置

6枚目のカードは、三浦春馬さんの深層心理を表しています。

かなりうっとうしい気持ちだった(カップの5の正位置)と読みました。

心塞ぐ思いがあったのは(カップの5の正位置)は、2枚目のカード解説の

存在のやり方を目の当たりにする機会が多く本当に、この国の未来を

案じたのだと読みました。

7枚目のカード

月の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

最後に月のカードが出てとても驚きました。

このタロット占いの中心となる2枚目のカップの6の逆位置と

併せて読むと、三浦春馬さんの発した言葉が三浦春馬さんを月(危険)の

領域に誘ったと読むことが出来ます。

三浦春馬さん側から見れば、三浦春馬さんの心の奥深い部分に

働きかけるような出来事があった(月の正位置)と言うことになります。

月のカードは、危険な領域に足を踏み入れたことを表しています。

何らかの封印を解くようなことになったということです。

鬼や蛇を引き出してしまったのかも知れません。

もしかしたら、人の皮を被ったもっと恐ろしい何かを引き出して

しまった可能性があります。

封印を解く(月のカードの意識世界に入ってしまう)ということは、

そういうことです。

今の三浦春馬さんのソードのクイーン(光)へ

怨・恨・呪と言うようなものの封印を解く言葉が国力や国民全体

と言う言葉にあったのかも知れません。

重要ポイントは、そのような言葉に、国力ツイートに過剰反応する

タイプが三浦春馬さんの件に深く関わっていると言うことでしょう。

もっと大切なことは、三浦春馬さんが、その部分に強い危機感を

持っていたと言うことでしょう。

だとすれば、これは、三浦春馬さんの心の叫びです。

あの三浦春馬さんが黙っていることが出来ないことがあったと

読むことが出来ます。

単にビジネスライクな処理するだけでは、済まない匂いが嫌らしく

つきまとうから余計にややこしいのでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!