感化と奴隷化、美しい人の真実が語られない理由

美しい人の黒王子計画は、感化と奴隷化(セクハラとパワハラ)

を行うことで成り立っていましたが、美しい人が徹底的に

追い込みをかけられるきっかけになったのは、クニに対する

概念だと読むことが出来ます。

特殊過ぎるタロット占いなので全てのカードについて書く分けには、

いきませんが、大アルカナの3枚目のカードである女帝のカードと

星のカードが続きます。

美しい人の死が語られないことの最大の理由は、美しい人が愛した

国の人々全員を感化と奴隷化を行うための障害になる可能性が

あるからです。

美しい人の死を掘り下げれば、そのような問題に突き当たっていきます。

時期的に読んで美しい人のきっかは、a3が最初かも知れませんが、

何事においても徹底的に取り組む美しい人は、物事の原因を調べて

いくうちに入れ子式の一番外側の円にあるものを知ってしまったと

読むことが出来ます。

一番外側にあるものについての情報を一般の環境に持ち込む可能性を

極端に最も外側にある円は嫌います。

美しい人が生きていたら美しいが愛した国(星のカードのデザインの池)に

一番外側の円を運営するが好まないものを流す可能性を排除したと

読むことが出来ます。

今までは、atmとして機能するだけで済みましたが、これからは、

本格的な感化と奴隷化が具体的に始まります。

美しい人の命は、それに気付かせるための最後の鐘だと読みました。

美しい人の未来が色紙に描かれ続けたように、一番外側の円から

命令を聞くために蟻が地下に潜るように、そしてそれを周知するように、

美しい人の身に起こったことが、普通の人にも起こるようになります。

それに繋がるようなこと、一番外側の円に関することや、その存在に

触れたり、その存在がその時に取り組んでいることを少しでも、それ以外の

誰かが知ることは、絶対的に許されないと読みました。

美しい人には、何の罪もありません。

たまたま参加させられただけです。

何も考えずに言われた通りに従っていれば良かったのです。

しかし、どこかで何かに間違いに気が付いてしまったのです。

何を間違いと思ったかは、別にしても疑問を感じた時点で全てが

終わっていたのかも知れません。

もう既に一番外側の円は、美しい人が愛した国のルールを公然と無視して

動き出しています。

もうそれがまかり通っています。

後は、もうルールを変えるだけです。

美しい人が愛した国の多くの人が美しい人と同じ運命を辿ります。

もう他を自にする必要すらありません。

公然と行われるのです。

一番外側の円こそ、百足構造の頭であり、美しい人が亡くなって初めて

美しい人のタロット占いを行って見えた気持ち悪い何かは、全体的に

言えば、「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」であり、

その中でも異様に気持ち悪いのが、そのような存在が求める癒しのようなもの、

そしてべっとりと貼り付いている血の匂いでしょう。

atmの段階で感化と奴隷化は、かなり進んでいました。

様々なパイプを通して美しい人と同じように賃金は、抜かれて流されて

いきます。

もう最後の仕上げ、最終段階なのです。

そしてそれは、もう7月に決まります。

美しい人の三回忌に向けて真実を語るなんてことは、あり得ないのです。

美しい人を通して一人でも多くの人が一番外側の円が美しい人が愛した国を

動かしていることに気が付くことで、未来が修正されることを願います。

美しい人の最後の数年の状況を知って人権があったと思える人には、

関係がないかも知れませんが、美しい人は、人並みの自由を心から

求めていました。

しかし美しい人を売った側にも本当の自由は、ないのです。

美しい人を愛している人たちは、美しい人の身に起きた不可解なことを

ここまで学んできましたが、これが普通になります。

特殊なことでは、なくなります。

そしてクロタ側や美しい人を消した側の価値観を持つものが偉くなる

世界がやって来るのです。

サイ子が意味もなく一般市民を見下しているわけではありません。

それだけの背景(一番外側の円)があります。

不可解なジョージョーからもカードで辿れました。

ある意味で美しい人を美しい人の母親よりも愛した人のタロット占い

で読んだように、計算違いが起こったのは、円のサイズが異なっていた

からだと理解しました。

美しい人の事件は、単純な事件では、ありません。

異なる円が幾層にも囲んでいます。

可能な限り円を広げてカードを読むことでようやく辻褄が合いました。

美しい人が愛した国の正義が関係ない円で囲まれています。

sponsored link
error: Content is protected !!