あのルームや地下は、美しい人を消した側のネットワークの一部なのか?

1枚目のカード

ワンドのクイーンの逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

自己中心的な恋愛観(ワンドのクイーンの逆位置)と読むことも出来ますが、

程度の差はありますが、恋愛感情は、大なり小なり我がままなものです。

ですから、6枚目の力のカードを最初から考慮してワンドのクイーンの

逆位置を読むと支配関係を含んだ恋愛感情と読んでも良いかも知れません。

しかも6枚目の力のカードも逆位置ですから、満たされない欲求を満たす

傾向と読むことが出来ます。

2枚目のカード

カップのペイジの逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のワンドのクイーンの逆位置で読む傷付くことへの恐れ(カップの

ペイジの逆位置)は、自分自身の欲求を他者に知られることの恐れと

読むことが出来ます。

3枚目のカード

ワンドの4の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

2枚目のカードがカップのペイジの逆位置だったのに、この3枚目の

カードは、ワンドの4のカードですから、個人的な趣味だけではなく、

何らかの集団に繋がるためと読むことが出来ます。

そして、このワンドの4のカードは、休息(4の停止)も含みます。

もしかしたら、集団のために満たされない欲求を満たす場である

かも知れませんし、それは、何らかの集団に繋がるため(ワンドの4の

カード)かも知れません。

ワンドの4のカードの逆位置ですから、癒しの場だと読みました。

4枚目のカード

太陽の逆位置

4枚目は、対策カードになります。

太陽のカードですから、3枚目のカード解説で書いた「癒しの場」では、

出入りしている人は、今回のタロット占いの主体以外の人も出入りしている

と読むことが出来ます。

しかも太陽のカードの逆位置ですから、「癒しの場」は、楽しい空間と

読むことが出来ます。

対策内容としては、「癒しの場」でお金を使い過ぎないことかも知れませんが、

逆位置続きですから、案外、お金を使うこと自体が現実的には、対策内容

なのかも知れません。

5枚目のカード

ソードの8の逆位置

5枚目のカードは、このタロット占いの主体が繋がろうとしている相手の

本音部分を表しています。

この癒しの場が妨害されては、困る(ソードの8の逆位置)と読みました。

6枚目のカード

力の逆位置

6枚目のカードは、このタロット占いの主体の本音部分を表しています。

この力のカードの逆位置は、とても難しいかも知れません。

個人的な趣味にしては、それほど乗り気ではないような感じがしますし、

もちろん、嫌と言うことでは、ないのでしょうが、簡単に言えば、

この逆位置は、何らかの手段としての感想を含んでいると読みました。

7枚目のカード

コインの6の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

恋愛感情が絡んだように感じた1枚目のカードですが、仕事絡みの

度合いが多いように感じなカードの並びが続きますし、このコインの

6の逆位置は、恋愛関係にも不平等さが持ち込まれていると

読むことが出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

もしかしたら、美しい人が逃げられる場所は、美しい人が愛した国には、

どこにもないと言えるような環境かも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!